ムービー

ミニチュアの火矢を家にあるもので簡単に作る方法


時に童心に帰って遊びたくなりますが、燃えさかるジャックランタン電球を使った光る花瓶などを手作りするDaveHaxからアイスキャンディーの棒、デンタルフロス、綿棒……といった家にある素材を使って簡単に弓矢や火矢を作れる方法が公開されました。

How to Make a Mini Bow and Arrow - YouTube


これから作っていく弓矢の完成形がこれ。小さいですが、弓矢としての機能はちゃんと果たします。


まず用意するのはアイスキャンデーを食べ終わった後に残る棒。


弓をしならせるため、棒を水の中に30分ほど浸して柔らかくします。


30分後、しっかり水をふきとり……


爪切りを使って棒の端に切り込みを入れていきます。


上下左右に4つの切り込みを入れて下さい。


続いて用意するのはデンタルフロス。


これを、先ほど入れた切り込みのまわりにグルグルと巻き付けていきます。


棒をぐにゃ~っと曲げます。


もう一方も切り込みにもデンタルフロスを巻き巻き。


しっかりくくりつけ、ほどけてしまわないようにします。


弓はこれで完成。


ビヨーンとデンタルフロスを引っ張っても棒が折れたりデンタルフロスが切れたりしません。


アレンジをしたい人はボールペンで棒に模様を描いてもOK。


なんとなく雰囲気が出ました。


次は矢を作成。と言っても、綿棒の片側をカットするだけ。


これで完成。


弓を引くと、離れたところにある壁までちゃんと飛んでいきました。


ただの弓矢としてももちろん遊べるのですが、さらにこれを火矢にしていきます。


用意するのはカクテルスティック。竹串でもよさげ。


これを綿棒の中にグイグイ差し込んでいきます。


そして綿棒の先にワセリンをたっぷりつけて……


着火。


めらめらと燃えています。


これを安全かつ火が移る心配のない場所に放ちます。


オモチャの町に火が放たれパニック映画のような演出。なお、もしもの時のために水を準備して遊びましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
机の上で中世の兵器「投石機」を再現して石を投げつける卓上投石キット - GIGAZINE

紙飛行機が時速50キロで飛ばせる電動発射キット「ダ・ヴィンチのカタパルト」 - GIGAZINE

ひたすら泥ダンゴを転がしピカピカにする「コロピカどろだんご制作キット」の泥ダンゴを全力で転がしてみました - GIGAZINE

精巧なミニチュアで再現した16世紀~20世紀のヨーロッパの部屋コレクション68種類 - GIGAZINE

ミニチュアの世界で野生のリスが料理・洗濯・撮影・二日酔いなど生活しているかのような写真集 - GIGAZINE

リアルなミニチュアハンバーガーが材料水のみで作れる「ハッピーキッチン ハンバーガー」を作ってみました - GIGAZINE

爪を芝生に見立てミニチュアの人形を乗せたネイルアート - GIGAZINE

in 動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.