3Dプリンターで自作できる機械式計算機「The Turbo Entabulator」


動力は手回しハンドル、データ記録はパンチ式のカードリーダーにすることで電子部品を一切使用せず、3Dプリンターによって作ることができるという機械式計算機が「The Turbo Entabulator」です。

The Turbo Entabulator
http://www.chrisfenton.com/the-turbo-entabulator/

◆パンチカードリーダー部分
この計算機を製作したのはニューヨークに住む電気技師のChris Fentonさん。かつてFentonさんが作ったオリジナルのカード読み取り機では3つのホックを使用していました。


しかし、数字をカウントするための3つのパーツ(以下カウンター)を稼働させるために、ホックの数を10個に増やしました。また、ホックの構造を改良することで、ホックにつながっている糸部分をより長く伸ばせるようになり、構造的により頑強になりました。駆動軸にはハンドル付きのクランクを付けることで、使い勝手を良くしています。


◆カウンター(数字を表示するパーツ)
約20回の失敗を繰り返して、1つの型にたどり着きましたが、パーツが詰まったり、パーツ同士が噛んでいたり、パーツが曲がっていたり、ぐらついていたり、摩耗していたりなどでうまく作動しない場合があります。

各カウンターには2つのホックが割り当てられ、これにより数字表示部分を回転させます。


各カウンターに取り付けられた、バネの付いたレバーが上がっている際は、常に数字の0を示します。そして各カウンターに割り振られている以外のホックは、このレバーを下げるために使われます。写真だとちょうど真ん中のカウンターが、レバーが上がり0を表示している状態。


◆動作
この機械式計算機が動作している様子は以下のムービーから見ることができます。

The Turbo Entabulator - a 3D-printed, mechanical computer - YouTube


なお、この機械式計算機を組み立てるのに必要なパーツのデータはThingiverseで公開されているので、誰でも自由に作ることができます。

・関連記事
強力磁石を使って空中浮遊するベッドを自作 - GIGAZINE

自作の発明品「Roboarna」で自販機から缶ジュースを取り出す青年 - GIGAZINE

段ボールで自作できるレトロなラジカセデザインのスピーカー「Berlin Boombox」を組み立てて使ってみました - GIGAZINE

3Dプリンターで自作できる立体物データいろいろまとめ - GIGAZINE

絶対に街では見かけない奇妙な自作自転車10台 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logu_ii