メモ

現代の少年少女の犯した若気の至りはその後一生ついてまわる

by massimo ankor

現在Telegraphの開催しているHay Festival 2013ではさまざまな講演が行われていますが、Googleの元CEOであるエリック・シュミット氏はこの講演で「現在の若い世代は自分の犯した『若気の至り』がオンライン上に全て記録されるため、それらを一生背負って生きていかねばならない」と語りました。

Hay Festival 2013: Teenagers' mistakes will stay with them forever, warns Google chief Eric Schmidt - Telegraph
http://www.telegraph.co.uk/technology/eric-schmidt/10080596/Hay-Festival-2013-Teenagers-mistakes-will-stay-with-them-forever-warns-Google-chief-Eric-Schmidt.html


「我々は写真など個人における全ての行動を記録された世代というものを経験したことがありませんでした」とシュミット氏。これまで社会は道を踏み外したティーンエイジャーを罰したり、過ちを許して成長させたりと、対処する方法を持っていました。彼らを過ちから立ち直らせることで立派な大人を育てていたのです。しかし、現在のティーンエイジャーは今やオンライン上では大人の世界と同様に扱われ、若気の至りに一生悩まされることになっている、とのこと。「人生には存在しないほうがいいという状況もあります。特に、ティーンエイジャーの場合はそうです」と語りました。また、親が子どもの名前を決める前に子どもの超音波写真をインターネット上に投稿するといった個人情報のシェアなども度を超していると示唆しています。

by Pomeroy Gigantic

より大きな範囲の話になると、Googleが個人情報を閲覧していると指摘する動きに関して、Googleは過激な素材を理由にアクセス制限をかかえる場合を除き、インターネット上のメッセージやムービーを検閲する計画を立てていなかったことにも言及しました。

by Cristian Balan

なお、2011年11月にはフランスの女性がGoogleに対して「過去の写真の消去」を請求して勝訴したことを契機に「忘れられる権利」というものも主張され議論されるようになってきています。

・関連記事
なぜ10代の少年少女は中二病のような愚かなことをしてしまうのか? - GIGAZINE

Facebookへのポストが原因でティーンエイジャーが懲役20年の危機 - GIGAZINE

「セクスティング」でティーンエイジャー3人が起訴、懲役20年&「性犯罪者」リスト入りか? - GIGAZINE

中二病の発症年齢は14~18歳、さらに中二病の症例を6つに分類、そして中二ポーズを表現するための分析と理論、その実践について - GIGAZINE

通りすがりの他人にキスをしたり見知らぬ人のズボンを引き上げてイタズラした男性が警察の上をジャンプして逮捕 - GIGAZINE

チートスを万引きした少年がチートスの痕跡を辿った警察に逮捕される - GIGAZINE

12歳の少年、「DEATH NOTE」に名前を書いたことでテロリスト扱いを受けて逮捕 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa