×
ハードウェア

「Power Mac G5」をバーベキュー用グリルにして肉や野菜をジュジュッと焼く方法


旧型iMacを利用して猫用ベッドを作ったり、排熱を利用してコンピューターからすくすくと草を生やすプランターを作ったりと、もう使わなくなってしまった旧型PCを再利用するアイデアはいろいろありますが、Power Mac G5のケースを使えばバーベキュー用のグリルが作れるようです。

Photo Album - Imgur
http://imgur.com/a/Jc8Ic

完成したグリルはこれ。トウモロコシやパンが乗っています。


実際にPower Mac G5を使ってグリルを作る手順も公開中。必要なのはPower Mac G5のケースと廃品だったアルミニウムの網。


まず、アルミニウムをカットしてケースの上に載せテーブル状にします。


ケースがテーブルと直に接触しないよう、木枠を底に取り付けました。


ネジでそれぞれのパーツを固定します。


すると、なんということでしょう、あっという間にグリルが完成。


反対側から見るとこんな感じ。ケースの中には砂とレンガが詰めこんであるとのこと。


高さがあまりないので、食べ物の近くで炭が燃えることとなりますが、問題なく調理が可能です。


どんどん調理していきます。


しかし、数時間後、網の部分が曲がってしまいました。


少し不具合も生じましたが、壊れたり使えなかったりすることはなく、キャンプのような楽しい時間がすごせたとのこと。Amazonでは多くのグリルが2000円以上するので、夏に向けて役立ちそうなアイデアです。

・関連記事
PS3で焼き肉 - GIGAZINE

カラフルなiMacをそのまま水槽にした「Macquarium」 - GIGAZINE

トースターとプレステを合体させたプレイステーショントースター - GIGAZINE

排熱を利用してコンピューターからすくすくと草を生やす方法 - GIGAZINE

旧型iMacの画面から猫が出てくるという仕様の猫用ベッド「Think different」 - GIGAZINE

壊れたハードディスクの再利用法あれこれ - GIGAZINE

ある意味斬新すぎる不要になったクレジットカードの再利用方法 - GIGAZINE

in ハードウェア,   , Posted by logq_fa