ムービー

503日かけてアラスカからアルゼンチンまでバイクで横断した映像をつなげた「The Modern Motorcycle Diaries」


革命家チェ・ゲバラが若き日に南米を旅した際の旅行記モーターサイクル南米旅行日記にならって、バイクに乗ってアラスカからアルゼンチンを503日間にわたって旅した際に記録された映像をつなぎ合わせたのが「The Modern Motorcycle Diaries(現代のモーターサイクル・ダイアリーズ)」です。

The Modern Motorcycle Diaries - YouTube


旅を行ったのは全部で503日。走行距離は13万2705km、訪れた国は22カ国です。


ムービーは家族との別れから始まります。


バイクに飛び乗り、出発。




果てない一本道を走行。


途中で牛の群れとすれ違います。


美しい雪山の間も滑らないように走行していきます。


下を絶対に見たくない橋の上。


真っ暗なトンネル。


アタカマ砂漠に突如として現れる全長11mの巨大な手。これはチリの彫刻家によって1992年に作られたもの


世界各地の古い標識を打ちつけた杭が公園に所狭しと立っている「標識の森


ボリビアのウユニ塩湖


はしゃぎ回ります。


逆立ち。


ノリノリでダンスまで踊っていました。


イエーイ。


雨で塗れた地面、切り立った崖の上にある道を行きます。


こちらもバイクには細すぎる道。


川の中にも入ります。


一面真っ白な雪景色。


ちゃんとハンドルを握りましょう。


息を呑むほど美しい夕日。


目が覚めるようなパキッとした色彩の青空。


ビーチへもバイクで。


エネルギー補給もバイクに乗ったままで行います。


時にはヒッチハイク。


すし詰めの車内。


渋滞する車の中でもすいすい進んでいきます。


船に乗るときは人の助けを借りて。


みんなで押しつつバイクを船に乗せます。


後姿はこんな感じ。


道の途中に転倒してしまったバイカーを発見したと思ったら……


自分が転倒してしまうことも、もちろんあります。


洪水の中走るタンクローリーの横を通り抜けます。


霧が山の上から降りてきて幻想的な風景。


二人乗り。


最後はカメラに手を振って終了。


ムービーを撮影したアレックスさんが旅したルートは以下のような感じ。まずは南米。


そして南米だけでなく、北アメリカにも足を踏み入れています。


この他にもアレックスさんが撮影した写真やムービー、旅のブログなどが以下のウェブサイトから見ることが可能となっています。

Alex's Motorcycle Adventure Alaska, Mexico, Central + South America!
http://www.expeditionsouth.com/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
メキシコのジャングルの中から突然ぬっと現れるパレンケ遺跡に行ってきた - GIGAZINE

危険なニュースだけでは伝わらないメキシコの今を生きる人たち - GIGAZINE

メキシコは「修羅の国」という噂の通り危険な国でした - GIGAZINE

メキシコの食事情は美味しさを追求を重ねまくっていて充実しすぎ - GIGAZINE

危険なイメージしかないメキシコを旅して気付いた大きな誤解 - GIGAZINE

「さけるチーズ」が参考にしたというメキシコのチーズを現地で裂きまくってきた - GIGAZINE

メキシコ風ゆるキャラから理解できないオブジェクトまでアートを愛するメキシコ人の才能が凄い - GIGAZINE

in 動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.