試食

ロイヤルホスト「熟成ロイヤルアンガスリブロースステーキ」など新商品4種類試食レビュー、グランドメニュー改訂で登場


ロイヤルホストは5月28日からグランドメニューを改訂します。これにより、冬メニューで人気だった熟成肉使用の新メニューや、味を保ちながらカロリーや野菜のバランスに配慮した「サンシャインパートナー」というブランドの登場、深夜帯を除く全時間帯でのモーニングメニュー提供などが行われるようになります。今回、この改訂によって登場する新メニューの試食会が行われたので、4つの新商品を味わってきました。

(PDFファイル)“新しい価値”を提案これからのロイヤルホストへ5月28日(火)よりグランドメニューを改訂
http://www.royalhost.jp/information/pdf/130430.pdf

ロイヤルホストに到着。


新グランドメニューの表紙はお皿の上にナイフとフォークが置かれた写真という、非常にシンプルなデザインになっています。


まずは新メニュー1つ目、お店でミックスされた「ACAIミックス~アサイー・バナナ&ヨーグルト(税込399円)」。


バナナ・ヨーグルト・アイス・アサイーがミックスされており、乳製品にバナナとフルーツのような酸味が入る味が近畿地方で売られているミックスジュースに少し似ています。色は紫色とも茶色ともつかない感じでドロドロしており、決して見た目は良くありませんが、アサイーを中心としてバナナや乳製品の味が強く出ていて、健康的でありながら飲みやすくクセのないドリンクになっています。


シリアルビーンズバーガー(税込924円)」はパティにひよこ豆、レッドキドニー、白インゲンのパティを使ったベジバーガー。


見た目は野菜たくさんのハンバーガーのようですが、このパティには一切肉が使われていません。


レタスがバンズから大きくはみ出しています。


チャツネ・ピクルス・タコスのような中南米系のスパイスを使ったソースが、豆などで作られたパティによくマッチして肉を使っていないことを忘れるような存在感があり、こういった肉を使わない商品にありがちな食べ応えの無さを感じてしまうことはありません。カロリーは623kcalとかなり抑えられており、食べ応えとヘルシーさを両立した作りになっています。ただ、幅と高さがあるためにバーガー自体を食べにくいという難点もあります。この点については、5月28日からの全国販売時にはバーガーを紙で包む形にするとのことなので、ハンバーガーチェーン店と同じように食べ口部分だけを開いてかぶりつけるようになるはず。


十八穀米のキーマカレー(税込1029円)」はルーにも野菜がたっぷりで、十八穀米の上に野菜がトッピングされたヘルシーな作り。


にんじんやタマネギなどがルーに溶け込んでいます。


鶏肉のミンチを使用。


少し紫がかった色をした十八穀米にはパプリカ、カボチャ、ブロッコリー、ナスといった焼き野菜がトッピングされています。


カレーとはいっても辛さはほとんど感じず、野菜や穀物の味を感じられるものになっています。カロリーは1杯で552kcalに抑えられています。


熟成ロイヤルアンガスリブロースステーキ」は8オンス(約230g)のものが税込1780円、11オンス(約310g)のものが税込2480円。冬のキャンペーンメニューとして登場して好評だったためグランドメニューに仲間入りしましたが、当時とはちょっと変わっていて、自社開発のパセリガーリックバターとだししょうゆで食べる作りになっています。


トッピングはフライドポテトとインゲン、非常にオーソドックス。


ステーキにはくっきりと焼き目が付けられ、パセリガーリックバターが載せられています。


ステーキの断面はこんな感じ。焼き方はミディアムレアで、鉄板ではなくお皿で提供しているのは「焼いた後に肉を休ませることで肉汁を落ち着かせてジューシーさを保つため」という、こだわりの品です。


食べてみると、熟成された肉の豊富な旨味を感じることができます。ステーキソースを使うと肉の味よりもソース味になってしまうというのはありがちな事例ですが、だししょうゆは肉の旨味を殺さず、うまくフォローに回っています。


肉自体は脂身ではなく赤身が中心なのでパセリガーリックバターと一緒に食べても適度なこってりさが加わりグッド。


ステーキとごはんとの相性も抜群です。


トッピングのポテトを肉汁やパセリガーリックバターで食べると少しリッチな味わいがします。


今回は新メニューのうち4品を食べましたが、他にも熟成肉を使った「特製ステーキ丼」や、「帆立と海老のあつあつグリル」などの商品が追加されます。なお、改訂に伴って「ビーフのパンシチュー」「ミックスフライ」「ロースカツサンド」などの一部メニューは終了することになります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
フレンチトーストなどモーニングメニューも充実「ロイヤルホスト」新メニュー試食 - GIGAZINE

熟成肉を焼き上げた後に、ホイルに包んで肉汁とうま味を閉じ込めたステーキを食べにロイヤルホストに行ってきました - GIGAZINE

28年間カレーを作り続けたロイヤルホストの本気を夏の新メニュー試食会で見てきました - GIGAZINE

25日間熟成させて旨み成分を4倍以上に高めた和牛のステーキを食べてみた - GIGAZINE

これが本場ロンドンで味わうイギリスの伝統的な朝食「イングリッシュ・ブレックファスト」 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 試食, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.