メモ

AppleのCEOティム・クックとお茶する権利が約6200万円で落札

By Alfred Hermida

Appleのティム・クックCEOとコーヒーブレイクを一緒にできる権利がオークションサイトcharitybuzzで競売にかけられました。期間は2013年4月24日から5月14日までで、競売最終日前日には入札価格には60万5000ドル(約6190万円)の値がつけられていたのですが、最終的に61万ドル(約6240万円)で落札されたようです。

charitybuzz | CLOSES TODAY! Coffee with Apple CEO Tim Cook at Apple Headquarters in Cupertino
https://www.charitybuzz.com/catalog_items/337478#finished


Tim Cook Coffee Auction Ends with $610,000 Bid - Mac Rumors
http://www.macrumors.com/2013/05/14/tim-cook-coffee-auction-ends-with-610000-bid/


競売にかけられた権利の有効期限は落札日から1年間で、期間内であればApple本社でクック氏とともに30分~1時間のコーヒーブレイクを楽しめるというもの。Apple本社を訪れる際には機密保持の契約や保安検査を受ける必要があり、時間中はTwitter、ブログ、SNSの使用は禁止。Apple本社までの交通費などは自己負担で、コーヒー代の支払いについては不明です。

By rennes.i

これまでcharitybuzz上で落札された最高額の商品はランボルギーニアヴェンタドール LP 700-4 ロードスターで、価格は61万ドル(約6240万円)でした。アヴェンタドールは開始価格50万ドル(約5100万円)だったのに比べ、ティム・クック氏とコーヒーを共にする権利は5万ドル(約510万円)からだったので、charitybuzzもここまで値上がりするとは予想していなかったようです。


オークションの価格は86人によって競われ、その多くはApple社との仕事を望む企業だったとのこと。charitybuzzは落札者の情報を明らかにしていませんが、今後、落札者が自ら名乗り出ることも考えられています。

なお、オークションによる経費を差し引いた収益金は、ロバート・ケネディ元司法長官の遺族により設立された慈善団体Robert F. Kennedy Center for Justice & Human Rightsに寄付される予定です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Apple Iの動作品がオークションにかけられ5000万円以上で落札 - GIGAZINE

サザビーズのオークションにかけられたフィギュア、16億円で落札 - GIGAZINE

巨大なマリリン・モンローの靴がオークションに出品 - GIGAZINE

呪文やポーションなど魔法の販売をネットオークションで行うのが禁止に - GIGAZINE

2歳のいとこをebayに出品した20歳女性、「ただの冗談だったのにみんな真に受けすぎ」とコメント - GIGAZINE

10歳の少女がインターネットオークションで自分のおばあちゃんを出品 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.