×
ソフトウェア

一人でマカンコウサッポウが楽しめるiPhoneアプリ「簡単マカンコウサッポウ」

By whatleydude

写真の中にいるある人物が技を繰り出したことによって他の人がまるで吹っ飛ばされているかのような写真を撮影することを「マカンコウサッポウ」と言い、女子高校生らを中心として2013年2月ごろからブームになっていますが、その大きな問題点は「吹っ飛ばされる人を用意しなければいけない」という点にあります。しかし、たとえ独りぼっちだったとしてもこのマカンコウサッポウの写真を作れるというアプリが「簡単マカンコウサッポウ」です。

iTunes App Storeで見つかる iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad 対応の簡単マカンコウサッポウ
https://itunes.apple.com/jp/app/jian-danmakankousappou/id634729643



すでにある画像に効果をつけたり、今から写真を撮ってマカンコウサッポウにしたりできます


特徴はこの合成用素材。吹っ飛んでいるポーズの「やられ役」が何パターンもあるので、何か適当な写真さえあればマカンコウサッポウにすることができます。


エフェクトもあるので、ただ吹っ飛んでいるだけではなく、何かを食らっているという写真にすることも可能


これで簡単にマカンコウサッポウが作れます


作例はこんな感じ


なお、名前の由来は「ドラゴンボール」に登場するピッコロの技「魔貫光殺砲」。ドラゴンボールを見たり読んだりしたことのある人はすでにツッコミを入れていますが、魔貫光殺砲は字に「貫」「砲」の文字がある通り、指先からエネルギー波のようなものを打ち出して敵を貫く技であり、衝撃波で敵を吹っ飛ばす技ではありません。

作中での使用例はこんな感じ。

Piccolo's Makankosappo - YouTube


このマカンコウサッポウ、海外ではHadouken(波動拳)Vadering(ダース・ベイダーのフォースグリップを真似る)として似たような感じのことが行われています。

追記:
「自分を中心に撮ろうとすると、撮影するための人が必要なのではないか?」とのツッコミがありましたが、確かに自画撮りではマカンコウサッポウできないので、三脚を立てて自分の素材写真を撮影しておくか、撮影要員を連れてくる必要がありそうです……。

14:13追記:
開発元のサン・カンパニーによると、今後のアップデートでセルフタイマー機能を追加し、一人でも問題なくマカンコウサッポウできるよう対応する予定だとのこと。

・関連記事
ドラゴンボールのキャラクターをフィギュア化してその造形力を競う「造形天下一武道会」参戦作品が集結 - GIGAZINE

初期のドラゴンボールの世界がひろがる、ベトナムのハロン湾に行ってきた - GIGAZINE

最強は誰だ、一風変わったドラゴンボールZ - GIGAZINE

メキシコで愛される日本のアニメやキャラクターたち、メキシコ人はオタクだった - GIGAZINE

ラーメン二郎のコールを生成するAndroidアプリ「デカ盛りラーメンコール」 - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア, Posted by logc_nt