ネットサービス

日本語で書いた住所を世界6カ国語に変換してくれる「住所かんたん翻訳」


日本語で住所を記入し変換ボタンを押すだけで、英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・イタリア語・中国語の6カ国語で住所を表示してくれるのが「住所かんたん翻訳」です。海外のウェブサイトを利用して通販を行う時など、辞書を片手に住所を記入しなければならないこともありますが、住所かんたん翻訳を使用すればコピー&ペーストであっというまに住所フォームを記入できるようになります。

住所かんたん翻訳 by Takewari
http://www.takewari.com/address_translation.html


使い型はテキストボックスの各場所に住所を記入するだけ。郵便番号を記入後、住所検索をクリックすると都道府県と住所が表示されます。


建物名や電話番号など、必要事項を記入したら「変換」をクリック。


すると、フォームの隣に並んでいる国旗から、各国ごとに変換された住所が表示されます。


変換後、まず表示されるのはアメリカ。


ドイツ語の住所が必要な時はドイツの国旗をクリック。「郵便番号」「番地・号」「建物名」という項目がすべてドイツ語化されていて、ドイツ語が読めなくとも項目名が同じ場所の内容をコピペすればOKなので、一つずつ辞書で調べる必要もなく非常に便利です。


イタリア語。県や市といった内容はほとんど同じなのですが、国名は「Giappone」となっています。


「まとめて出力」の内容をコピーすると各ボックスごとではなく、住所をまとめてコピーできるので、フォームだけでなくメールなどに住所を記載する時にも使えます。


なお、難読の名前や英単語が存在しないアパート名などの場合、正しく変換できない場合があるので、英語表記がわかっている場合はローマ字でそのまま記入して下さい、とのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
郵便番号と住所の検索がカンタンにできるiPhoneアプリ「郵便番号検索くん」 - GIGAZINE

フィンランドで通常郵便をすべてスキャンしてオンライン配達する試験プログラムを開始 - GIGAZINE

IPアドレスから住所を割り出して地図表示するサービスいろいろ - GIGAZINE

ゲームを全世界展開したい開発者向け、よく使うフレーズを世界各国の言語に翻訳するとどうなるのか一覧表 - GIGAZINE

実際にポストに投函できる伝書バト型レターセット「LWA Pigeon Post」 - GIGAZINE

Google・Microsoftなどの翻訳エンジンを選べて複数言語対応のフリーソフト「QTranslate」 - GIGAZINE

日本語表記の住所を英語表記のAddressに変換してくれるネットサービス「JuDress」 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.