ムービー

金属をまるで生き物のように飲み込んでいく磁石「Magnetic Putty Magic」のムービー


磁石の性質を持つねりけしのような物体がまるで生き物のように金属の球や立方体を飲み込んでいく幻想的なタイムラプス映像が「Magnetic Putty Magic」です。

Shanks FX
http://www.moviemagicnow.com/


ムービーは以下から見ることができます。

Magnetic Putty Magic (Extended Cut) | Shanks FX | PBS Digital Studios on Vimeo


まずは磁石の性質を持ったねりけしっぽい物体「マグネット・パテ」を用意。


さらに金属の球も用います。


パテを広げ、その上に金属球を置くと……


ずぶずぶとパテの中に球が飲み込まれていきます。


立方体の金属も……


ゆっくりと飲み込まれ、姿が見えなくなりました。


ヘビが獲物を丸飲みしているかのような動き。


パテにはさまざまなカラーがあり、複数のパテを混ぜて使用すると、かなり幻想的な雰囲気になります。


正面から見た様子。


ズズズ……と金属球がパテの中に引き込まれていきます。


スッポリ。


さらに、金属球を着色。


曇りない笑顔です。


それをスタンドの上に設置し……


人形っぽくパテで手足を作成します。


手を離すと、スマイルの腕がじょじょに頭上に持ち上がっていき……


ペタッと頭に張り付きました。


段々パテがスマイルを飲み込んでいきます。


反対側の手もペタッと顔に張り付きました。


完全に消失。


容器の中にパテを敷きます。


パテの上に金属を載せるとゆっくりと飲み込まれていくのですが……


映像を加工するとこんな感じに。


星空のように不思議な光を放ちます。


さらに、ミラーボールのようなものを使って実験。


キラキラと幻想的な光を放ちながらパテの中に飲み込まれていきました。


これは実際に販売されている「Magnetic Thinking Putty」というオモチャを使ったもの。スライムのように伸ばしたりちぎったりということが可能で、さらに温度によって色が変化するものもあります。

まるで生きているかのように動く、スライムや練りケシ的なおもちゃ「Magnetic Thinking Putty」


「Magnetic Putty Magic」は複数の写真をつなげて1つのムービーを作ったもので、通常このような映像は動きにぎこちなさ残るのですが、非常に滑らかに編集されています。誰にでも手に入る素材を使いながらもミラーボールを使ったりと工夫をこらし、さらに適切なエフェクトとムーディーな音楽を用いることで、驚くほど幻想的な映像に仕上げることができているというわけです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
液体がトゲトゲの立体になって動き回る「磁性流体ふしぎ観察キット」レビュー - GIGAZINE

N極・S極だけをもつ磁石「磁気モノポール」の発見、高密度集積化の限界突破へ - GIGAZINE

体に金属製品をくっつけられる少年「マグネットボーイ」 - GIGAZINE

MRI室の中に金属を持って入ってはいけない理由がとてもよくわかる動画 - GIGAZINE

強力磁石を使って空中浮遊するベッドを自作 - GIGAZINE

in 動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.