ハンドルをぐるぐる回して発電できるモバイルバッテリーでiPhoneをゼロから充電可能にするにはどれぐらい回せばいいのか?


容量2000mAhのスマートフォン向けモバイルバッテリー「BoostTurbine2000」は、米国の無線やバッテリー商品などを扱うEton社製の商品です。USBケーブルで接続してiPhoneやAndroidスマートフォンを充電できるだけではなく、充電し終えて空になってしまっても付属の手回しハンドルを使うことで本体バッテリーを充電することが可能です。実際に手回しでどれくらい充電が可能なものなのか、ぐるぐる回しまくって試してみました。

BoostTurbine 2000 | Eton
http://www.etoncorp.com/en/productdisplay/boostturbine-2000


◆フォトレビュー

透明なパッケージに入っているBoostTurbine2000、本体カラーはレッド以外にブラックとホワイトがあります。


内容物は本体とマイクロUSBケーブル、取扱説明書の3つです。


裏面にはBoostTurbine2000最大の特徴でもある手回しハンドルが収納されています。


発電時にこのように引き出して回します。


ハンドルの回し始めに少し力がいりますが、女性や子どもでも簡単に回せます。実際に手回しハンドルを回して発電している様子は以下のムービーで確認できます。

BoostTurbine2000を自力で発電 - YouTube


短辺側の側面にはUSBポート、電源ボタン、マイクロUSBポートの3つ。電源ボタンの真上にあるLEDインジケーターがバッテリーの残量を知らせてくれます。USBポートから他の端末の充電が可能で、マイクロUSBポートからはBoostTurbine2000本体の充電ができるという仕組みです。


iPhone5と比較してみると、縦横のサイズはほとんど変わりません。


◆実際に発電してみた。

充電に必要なものはこのバッテリーだけなので、バッテリーとiPhone5を接続して手回しで充電してみます。これにどのくらいの時間がかかるのかストップウォッチも用意して測ってみます。

電源ボタンでBoostTurbine2000のバッテリー残量を確認。空っぽです。


これを接続して充電を開始します。


ハンドルを回して充電します。


5分、10分と、20分といつまでたってもiPhoneの充電ができません。どうやら何かに接続したままBoostTurbine2000のハンドルを回して発電を行うというのは実用的では無いようです。


BoostTurbine2000のバッテリーが空のままiPhoneに接続して手回し発電をしても、iPhoneが起動できるまで充電することはできませんでした。


接続したままではiPhoneが起動可能になるまで充電できなかったので、次はiPhoneには接続せずバッテリー単体である程度発電してからiPhoneの充電を行ってみます。

ゼロから3つめのLEDインジケーターが点滅するまで充電してみたところ、、24分20秒かかりました。


これでバッテリーが空っぽになったiPhoneを充電してみたところ、起動可能になるまで充電することができました。なので、バッテリーが空っぽの端末をなんとしても手動で充電したいという場合は、根気よく、充電中にLEDインジケーターが3つ点滅するまでは充電した方が良さそうです。


何度か手回しでバッテリーを発電してみましたが、手回しの早さで充電にかかる時間が大きく変化しました。以下は充電する際に比較的素早く充電ができた、1秒間に約2回転ハンドルを回している様子を撮影したムービーです。

BoostTurbine2000を1秒間に約2回転の速さで回して発電 - YouTube


手動では約24分かかったものが電源コンセントからの充電ではわずか6分30秒で完了。時間にすると約4倍かかります。コンセントに挿してバッテリーの充電を行うと100%になるまで2時間22分かかったので、手動でバッテリーを100%まで充電しようと思うと9時間以上かかってしまう計算になります。何ともひたすら回し続けるには根気と体力が必要であり、ひとりで回し続けるのは至難の業です。

手回しでの発電には少々時間がかかりますが、災害などの非常事態でコンセントが使えない、ということがあってもこのBoostTurbine2000は安心なので非常事態に備えて一家に一台備えておくとよいのではないでしょうか。透明なパッケージに入っているBoostTurbine2000、本体カラーはレッド以外にブラックとホワイトがあります。価格は59.99ドル(約5600円)、日本でも購入可能です。

Amazon.co.jp: Eton BoostTurbine 2000 BLK 手回し発電機付きモバイルバッテリー ブラックカラー 日本正規代理店品 BT085 NBOTU2000B 家電・カメラ


なお、「GIGAZINEからのプレゼント大放出企画「アンケートに答えて全部持って行ってください」2013春」の「32」でレビューに使用したこの実物をゲット可能です。

・関連記事
スマートフォン・タブレット・ノートPCが充電できるバッテリー内蔵バッグ「Phorce」 - GIGAZINE

スマホの充電が飲み物の熱エネルギーを使っていつでもどこでも可能になる「Epiphany onE Puck」 - GIGAZINE

薪を燃やしてスマホを充電しながらお湯も沸かせる小型のアウトドア用発電機「バイオライトキャンプストーブ」を使ってみた - GIGAZINE

ローソクの火を使って発電、スマホも充電可能な「tPOD1」 - GIGAZINE

デスクトップPCなどが連続30時間動く大型リチウムイオン蓄電池「パワーイレ」実機レビュー - GIGAZINE

HONDAの携帯型ガスパワー発電機「enepo(エネポ)」のカタログ、オサレすぎてとんでもないことに - GIGAZINE

76

in レビュー,  ハードウェア,  動画, Posted by logu_ii