モバイル

Galaxy Sシリーズの進化の過程を分かりやすく図示した「The evolution of Samsung’s Galaxy flagships」


3月15日にオクタコア・プロセッサを搭載したSamsung Galaxy S 4が発表されましたが、SamsungのGalaxy Sシリーズがこれまでどんな変遷をたどってきたのか?ということで、Galaxy SからGalaxy S 4までの変化を分かりやすく図示したのが「Samsung Galaxy S Evolution」です。

Samsung Galaxy S4 aanbieding met abonnement (T-Mobile, Vodafone & Hi) | Toptienmobiel.nl
http://www.toptienmobiel.nl/samsung-galaxy-s4.php#infographic


Galaxy Sは2010年5月に発売。Android 2.1を搭載し、CPUは1GHz、スクリーンの大きさは4インチでゴリラガラスを採用、カメラは500万画素。約2000万人に販売されました。


続いてGalaxy S IIは2011年6月に発売されました。Android 2.3 Gingerbreadを搭載し、Galaxy Sよりも大型化した4.3インチの有機ELディスプレイを採用、カメラは800万画素になり、新たにデュアルコアCPU「Exynos 4 Dual」を搭載。販売台数は発売後徐々に伸びていき、約2800万人に販売されました。


2012年に発売されたGALAXY S IIIは5月には1000万人、7月には2000万人、11月には3000万人と販売台数を順調に伸ばし、2013年3月には5000万人にのぼりました。海外モデルのCPUはサムスン自社製のクアッドコアで、Android4.0を搭載し、カメラは800万画素、スクリーンはさらに大きくなって4.8インチにチェンジしました。


そして新たに発表されたのがGalaxy S 4。4.99インチ、441ppiのスクリーンを採用しており、CPUはオクタコア(8コア)の「EXYNOS 5 OCTA」を搭載、Androidは4.2.2でRAMは2GB、カメラは1300万画素です。


なお、Galaxy S 4は世界155カ国で使用できます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Androidアプリの10本に1本がマルウェアという調査結果をTrendMicroが発表 - GIGAZINE

Android用アプリ開発が難しい原因が機種数の多さによる断片化であることがよくわかる図 - GIGAZINE

ついに登場した「Galaxy S 4」スペック詳細まとめ、5インチのフルHD有機ELディスプレイ搭載でLTE対応 - GIGAZINE

発表されたばかりの「Galaxy S 4」をさっそく入手して分解したレポートが登場 - GIGAZINE

in モバイル,   デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.