アート

1万5000ボルトの高電圧をかけて木の板に不思議な模様を描き出すムービー


木の板に電極を取り付けて1万5000ボルトの高電圧をかけることで電極間に大電流を流し、まるで枝や根っこが生えてきたかのような不思議な模様を描くというアートが「15,000 Volts」です。

15,000 Volts on Vimeo


大きな木の板に2つの電極を設置する女性。


プラスとマイナス、2つの電極が設置されました。


スイッチを入れると、電極をくっつけた場所からまるで生き物のように焦げ跡が広がっていきます。


別の場所にも設置。


不思議な模様が次から次へと現れます。


電極に近づいて見てみます。


木が地面に根を張っていくようにも見える焼け焦げた跡。


別の電極から伸びた2つの模様が一つにつながりました。


すると、電極同士をつなぐ1本の線がどんどん太くなっていきます。


よく見ると、電流が流れるたびに焦げ跡にキラキラと閃光が走っていました。


遠目で見るとこんな感じ。


そしてこれが完成図。


これはアーティストMelanie Hoffさんの作品。Hoffさんのウェブサイトには他にも作品がアップされていると共に、制作現場の様子も公開されています。

Melanie Hoff
http://melanie-hoff.com/#/15000volts/


以下が撮影スタジオ。


木の板に電流が流れキラキラ輝く様子。


暗くしてみるとこんな感じです。


焼け焦げた跡がどんどん広まっていっていき、最終的には木の板に大きな溝が走る形になりました。


板にイラストを施したもの。


できた溝をペイント。


こちらは反対に溝ができていない部分をペイント。


ずらっと並べるとこんな感じです。


なお、作品はメールかTwitterで連絡すれば購入可能とのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
稲妻のように輝く高圧電流でCDのデータを焼き尽くし、無色透明の円盤と化してしまうムービー - GIGAZINE

負けると腕に電流が走る腕相撲 - GIGAZINE

マイクロチップや電子部品を使ったマンダラ「Technological mandala」 - GIGAZINE

本から立体的に飛び出して内容を表現しているアート「Book Sculptures」 - GIGAZINE

深海をイメージした幻想的な地下鉄アート - GIGAZINE

in 動画,   アート, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.