「ロックマン」を2次元と3次元の中間でプレイするプロジェクト「Mega Man 2.5D」


2009年のコンセプトムービーからスタート、紆余曲折を経ながら本当にプレイできるバージョンの開発が続いているのが「Mega Man 2.5D」です。一体何が「2.5D」なのかというと、2次元平面でありながらも、3次元空間的な奥行きをも駆使したプレイが可能になっており、どういう意味かというのは以下のムービーを見ると分かります。

Mega Man 2.5D - Single Player Demo - YouTube


いつものロックマンっぽいオープニング


しかしステージが妙に立体的


歯車の上に乗ると回転して、奥行き方向への移動が可能に。


また、やたらぺらぺらな敵がいるなと思ったら……


こうやって自動スクロールするという仕組み、まさに3次元と2次元の中間、「2.5D」というわけ。


Mega Man 2.5D - Trailer - YouTube


必然的にステージは割と広めで、こうなります


レーザーが真横や真上から来るシーンも立体的なので迫力がアップ


ボスとの対決もひと味違う感じに。


ぐにょーんと動いて……


左右から攻撃


なにげないステージであってもやたら難易度が高まることも。


そして二人同時プレイも可


開発途中の様子も以下のようにして公開されており、ゆっくりとではあるのですが、進んでいることが分かります。

Mega Man 2.5D - December update - YouTube


Mega Man 2.5D - March update 2012 - YouTube


なお、当初は2012年リリース目標だったのですが、メインプログラマーの一人が忙しくなって開発に携わることができなくなり、現時点では2013年内リリース目標となっています。

megaman
http://petersjostrand.com/mega-man-25d

・関連記事
無料でプレイできるロックマン最新作「Street Fighter X Mega Man」で波動拳をゲットしてみた - GIGAZINE

「ロックマン9 野望の復活!!」が難しすぎて「ティウンティウン」と死亡するシーンを集めたムービー - GIGAZINE

実写版ロックマン予告編ムービー - GIGAZINE

ロックマンvsトランスフォーマーをフィギュアのストップモーションでハイクオリティに映像化、ギャンも登場 - GIGAZINE

ロックマンなら全回復できる「E缶」ドリンク試飲レビュー - GIGAZINE

ロックマン2に登場したボスキャラたちは今何をしているのか - GIGAZINE

84

in 動画,   ゲーム, Posted by darkhorse