試食

クリームうどんやトマトソースのうどんなど、「つるとんたん」でちょっと変わったうどんを食べてきました


お出汁のうどんだけでなく、カレーうどんからクリーム系のうどん、お鍋系のうどん、パスタっぽいトマトソースのうどん、グリーンカレーベースのうどんなど、ちょっと変わったうどんを扱うのが「つるとんたん」です。聞いただけでは「本当においしいのか……?」とドキドキする感じですが、実際はどんな仕上がりなのか、お店に行って食べてきました。

つるとんたん / カトープレジャーグループ
http://www.tsurutontan.co.jp/

つるとんたんに到着。


メニューはこんな感じ。うどんはお出汁のほか、カレー系、クリーム系、お鍋系など、さまざまな種類のものがありました。


まずはクリーム系から「クリーム三昧のおうどん(税込み1800円)」をいただきます。


器はかなり大きく、前知識がないとうどんがやってきた時にちょっとびっくりしてしまいます。


れんげも巨大で、れんげ置きはiPhone 5と同じくらいの大きさ。


真っ白なうどんの真ん中には明太子・エビ・ホタテ・三つ葉などが浮かんでいました。


麺は普通か細めか選べるので普通を選択したのですが、讃岐うどんほどの太さがあり、かなりもちもちとした食感。コシは少し弱めなのですが、ボリュームがあるので、コシが強いと顎が疲れてしまうのかもしれません。


スープは市販のクリームシチューの味に近くまろやかなため、子どもや女性に好まれそうな感じです。


たっぷりとのせられた少しスパイシーな明太子とクリーミーなスープがよく合います。


スープの下にはごろごろと鶏肉も入っていました。


こちらは「明太子のおうどん(税込み1000円)」


麺にはたっぷりと明太子ソースが絡んでいます。


さらにトッピングとしても明太子がたっぷりのっているので、かなり濃い味付け。


トッピングは明太子・キュウリ・刻みのりというシンプルなもの。


麺が太い分たっぷりと明太子が絡んでくるため、明太子を心ゆくまで堪能したい、という人向けになっています。


こちらは季節の特選から「トマトソース仕立て 浅利とモッツァレラチーズのおうどん」。


トマトソースベースのうどんになっており、トッピングには菜の花やサヤエンドウなど彩り鮮やかな野菜がたっぷり使ってあります。


トマトソースに生のトマト・モッツァレラチーズが絡んで、パスタっぽい感じですが、うどんでも違和感なくおいしく食べられました。


ソースだけでなく、カリカリに焼いた香ばしいチーズの姿もありました。


アサリは貝ごと入っており、うどんを酸味の効いたトマトソースや野菜と絡めつつ完食。


ちょっと変わり種のうどんは生粋のうどん好きからしたら「これじゃない」感があるかもしれませんが、お店でしか食べられない味も多く、「この組み合わせがこんなに相性がいいなんて」と、新しい発見ができそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
なか卯が送る堅実なおいしさ、「担々うどん」試食レビュー - GIGAZINE

はなまるうどん、月額500円で毎日うどんを食べられる「うどん定期券」を発売 - GIGAZINE

好きなだけ天ぷらを盛りつけたりして理想のうどんを追求できる丸亀製麺公式アプリを使ってみました - GIGAZINE

水でほぐすだけで簡単に完成する「流水麺」のそば・うどん・そうめん・中華めんを食べてみた - GIGAZINE

たっぷりの鴨肉と肉の脂が染み出した温かいダシが特徴のなか卯「鴨うどん」を食べてきた - GIGAZINE

和風だしの香るすき家のカレーうどんっぽい「カレー南蛮牛丼」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.