ムービー

中学生の72%が「何もやる気が起こらない」などの実態がよくわかるムービー「にほんのこども~中学生のいま~」


111年前に比べ平均身長は18cm、体重は14kg増加、いじめの認知件数は1年で1万6370人で不登校は約10万人、72%は「何もやる気が起こらない」と感じながら「イライラする」とも感じていて、性経験は女子の方が少し多めなど、現代の中学生の実態をインフォグラフィックならぬムービーで表現したビデオグラフィック「にほんのこども~中学生のいま~」がインフォグラフィック作成サービスサイトのinfographic.jpによってYouTubeで公開されています。

にほんのこども~中学生のいま~(videographic: About Teens in Japan) - YouTube


ビデオグラフィック「にほんのこども~中学生のいま~」は日本の12~15歳の子どもを対象にしています。


まず、1900年における同年齢の子どもと比較すると、2011年の子どもは111年前よりも平均身長が18cm伸びました。


平均体重は14kg増加。


2012年の時点で日本の総人口の2.8%が中学生です。


中学生の全体数は357万人。


内訳は、男子が183万人、女子が174万人と、男子の方が9万人多くなりました。


携帯電話を持っている中学生は、男子が40%、女子が57%と、女子の割合が少し高め。


家族で夕食をとっている中学生は全体の56%。


5.6%は夕食をいつも1人で食べているそうです。


また、朝食を1人で食べているのはそれよりも多い30%。


小・中・高校生のいじめ認知件数は以下のようになっており、13歳と14歳に集中しているという結果が出ました。


最も認知件数が多いのは中学1年生である13歳で、1万6370人の生徒がいじめにあっています。


中学校がいじめを認知している割合は56%。


一校あたりの認知件数は約3件です。


不登校になっている中学生は9万7428人で、これは37人のうち1人が不登校であるという計算。


中学生の心の中をのぞいてみると、72%の生徒が「何もやる気が起こらない」と感じています。


しかし、74%は同時に「イライラする」とも感じています。


中学生のうち57%が将来結婚したいと思っています。


性経験は男子が3.6%、女子が4.2%で女子の方が少し経験している人が多いようです。


ということで、これが日本の中学生の「いま」


ビデオグラフィックは総務省や文部科学省などのデータを元に作成されました。


なお、このビデオグラフィックはインフォグラフィックとしても以下で公開されています。

にほんのこども~中学生のいま~【動画】 | infographic.jp - インフォグラフィックス by IOIX
http://infographic.jp/gallery/videographic-teens/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「し、静まれ……俺の腕よ……怒りを静めろ!!」、「邪気眼 (jakigan_bot) on Twitter」登場 - GIGAZINE

中二病の発症年齢は14~18歳、さらに中二病の症例を6つに分類、そして中二ポーズを表現するための分析と理論、その実践について - GIGAZINE

中二病が治らなくても大丈夫、永遠の中学二年生になれる「中2ジェネレータ」が登場 - GIGAZINE

「ゲーム業界で働くなら中二病は大事」採用担当が語るゲーム業界採用事情 - GIGAZINE

スペインの小中学校教科書に記載された健康に関する記述、25%が科学的論拠なし - GIGAZINE

食べ物をめぐって騒ぎを起こしたとして中学生ら25人を逮捕 - GIGAZINE

13才の女子中学生が友人と抱き合って罰せられる - GIGAZINE

in 動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.