試食

苺のあまおうと粒あんを合わせた「日本橋スイーツあまおうプリンとつぶあん」は本格スイーツだった


福岡県産の濃い甘みが特徴の「あまおう」とあずきの風味を生かしたつぶあんを合わせたスイーツ「日本橋スイーツ あまおうプリンとつぶあん」(税込136円)を発見しました。プリンながらつぶあんを使っており、さらにはあまおうの味も気になるので、実際に食べてみることにしました。

日本橋スイーツあまおうプリンとつぶあん
http://www.meito.co.jp/products/cat3/000383.html

パッケージは赤と黒で落ち着きのある感じ。


苺本来の深い味わいが楽しめるそう。さらにはつぶあんということで、食感の方にも期待が持てます。


原材料には小豆、いちご果汁など。


1個(128グラム)当たりのエネルギーは198キロカロリー。


内容量は128グラムとそれほど多くはないのですが、手に持つとズシッとした重さがあります。


薄いピンク色をした見た目です。プリンにしては非常に滑らかな感じで、どちらかというとヨーグルトのような感じ。


みずみずしさがあり、さらにはプルプルしていてやはりヨーグルトのよう。では、一口。甘みよりは酸味がきいている感じで、イチゴの甘酸っぱさがよく出ています。プリンの卵っぽい濃い甘みもあるのですが、それに負けないほどのイチゴの味があるのはグッド。


カップの底にはあずきがあり、食べ進めていくとイチゴとあずきの合わさった濃厚な味を堪能することができます。イチゴプリンの部分だけだと酸味が強く、甘さが控えめな感じなのですが、あずきが合わさると全体的にまろやかな甘みにまとまります。


数こそ少ないですが、つぶあんもしっかりと確認。皮だけになってしまっており実の部分の力強い味を感じることはできませんが、それでも雰囲気は十分出ています。


甘すぎることなくフルーツの味もしっかりと感じることができました。まろやかな舌触りで普通のプリンよりも柔らかく、とろける食感になっているのもポイントです。

・関連記事
シェイクするごとに食感が変わる「ふって飲むプリン」を全力でふってみた - GIGAZINE

ホワイトチョコ+プリンのコクのある甘さが濃厚で舌触りなめらかな「Hanakoとコラボしたホワイトチョコプリン」 - GIGAZINE

タニタ食堂の100kcalデザート「かぼちゃプリン」はハチミツとシナモンで変化球のおいしさ - GIGAZINE

市販では最大級のプリン「うれしいプリン 480」試食レビュー - GIGAZINE

杏仁豆腐にプリンのような味と食感を追加「濃いリッチ杏仁豆腐」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log