メモ

現在の北朝鮮のマストハブアイテム10個をリスト化するとこうなる

By giladr

北朝鮮の現状がどのようになっているのかは謎に包まれていますが、中国の北朝鮮国境近くで貿易業者たちと過ごしたSeo Young-seokさんが見た「現在の北朝鮮が本当に欲しいもの」を、北朝鮮に関するニュースを伝えるNK Newsがリスト化しています。

The 10 Things No North Korean Can Live Without | NK News – North Korea News
http://www.nknews.org/2013/01/the-10-things-no-north-korea-can-live-without/

◆01:フェイクの携帯電話

By z_fishies

昨年に比べ携帯電話の保有人口は増加し、北朝鮮の3G携帯電話サービスKoryoLinkの加入者は150万人にのぼりました。中国では携帯電話が一般に使われるようになるまで30年かかりましたが、北朝鮮ではあっという間に日常の光景になったとのこと。携帯電話が富の象徴となったため、フェイクの商品も市場で多く見られるようになりましたが、フェイク商品は動かないため、人に見せるだけの用途となります。

◆02:アスピリン


北朝鮮においてアスピリンはインフルエンザや脳卒中だけでなくガンを治すこともできる奇跡の薬である、とされています。アスピリンの販売側は「アスピリンがある限り、医者に見てもらう必要なんてありません」と宣伝し、市民におけるこのような認識をさらに強めています。そしてアスピリンの流行に伴い、市場には偽のアスピリンも出回るようになりました。また、中国から輸入されてくるアスピリンの多くはパッケージングされていないため、服用にはリスクが伴います。

◆03:スキニージーンズ


スキニージーンズは北朝鮮の女性に大人気。当局はこれを「資本家のくず」たちによる文化であり、社会主義のモラルを乱すものと非難していますが、オシャレをしたい女性たちに歯止めをかけることはできていません。女性のスキニージーンズ着用は罰則を科されることもあるそうですが、それでも女性たちは着用したいようです。

◆04:温めたベスト


北朝鮮の冬は非常に厳しく、北へ行けば行くほど寒くなります。そこで温めたベストがマストハブアイテムとなるのですが、人気なのは伝統的な家のセントラルヒーティングを使って温めたもので、田舎に行くと多くの人がオンドル式でベストを温めます。しかし停電や石炭の不足が頻繁に起こるため、都会の人々にとって寒さに耐えることは難しいようです。

◆05:韓国ドラマ


韓国ドラマを撲滅しようとする当局の一貫した努力にも関わらず、韓国ドラマもリストに入るほど人気で、北朝鮮の人々は韓国の俳優を洗練された最たるものとして称賛し、手本としています。

◆06:練炭


こちらも北朝鮮の厳しい寒さをしのぐアイテム。練炭は北朝鮮におけるマストハブアイテムのうち極めて必要性が高い物です。冬に備えて練炭を準備する家庭が多く出てくるため、秋になると練炭の価格は金と同等にまで高騰します。

◆07:ポータブルサウナ


北朝鮮特有の入浴方法にスチーム温室があります。ポータブルサウナは人間の2倍ほどあるサイズのプラスチック製の容器で、バケツ一杯のお湯を使って容器の中を蒸気で満たしてサウナと同じ効果を得るというもの。中国でも生産され、本格的に冬が始まる前には品切れ状態になるとのことです。

◆08:金正恩の髪型


金正恩が父親や祖父ほど支持を受けていないことを考えると奇妙に思えるかもしれませんが、金正恩の髪型は北朝鮮男性の間でヒットしています。マネするのがあまり難しくなく、理髪店に行かなくともシェーバーで髪をそり落とすだけでいいというのも人気のポイントです。

◆09:ポータブルDVDプレイヤー


韓国ドラマの人気に伴い、ポータブルDVDプレイヤーもこれまで以上にポピュラーなものとなりました。テレビにつなぐタイプのDVDプレイヤーは当局の目から逃れるのが難しいのですが、ポータブルプレイヤーであれば隠しやすいのが理由の1つ。さらに家庭でも手に入れやすいお手頃価格であったことも普及を促進しました。中国製のポータブルDVDプレイヤーは約20ドル(約1800円)で購入可能で、以前であればDVDが必要でしたが、現在ではUSBメモリで映画を見ることが可能。

◆10:コンドーム


北朝鮮での性への考え方は大きく変わってきており、女子学生のカバンの中にコンドームが入っていることもよく見られるそうです。しかしこれはライフスタイルの変化ではなく、女性が体を売ることで生計を立てているためであり、平壌における性病の流行原因にもなっています。また、コンドームがステータスの象徴となっているのも普及の理由ですが、数が足りずに再利用することもあるとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
中国遼寧省の丹東は中国人が北朝鮮を見る不思議な観光地 - GIGAZINE

なんだか見ていて切なくなる北朝鮮のゲームセンター - GIGAZINE

北朝鮮がとてつもなくファンキーで楽しげな国家に、サントラの力を見せつける非公式プロモ映像 - GIGAZINE

北朝鮮直営「喜び組」風のショーが見れるピョンヤンレストランに行ってみた - GIGAZINE

北朝鮮の金正日総書記の若かりし頃から亡くなるまでの写真集 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.