デザイン

スマートフォン・タブレット・ノートPCが充電できるバッテリー内蔵バッグ「Phorce」


「技術が進歩してもバッグはいつまでも変わらないままだ」」という声に応えるかのように発案されたのが、バッテリーを内蔵しスマートフォンやタブレット・PCの充電を可能にした新しいタイプのバッグ「Phorce」です。ガジェット類を安全に運べるようデザインされた防水仕様のバッグで、ブリーフケース・メッセンジャーバッグ・リュックサックの3つの形にストラップを付け替えることができ、スマートフォンとBluetoothで接続して充電の管理もできます。

Phorce: The World's First Smart Bag by Phorce - Kickstarter
http://www.kickstarter.com/projects/phorce/phorce-the-worlds-first-smart-bag

Phorceのプロトタイプを使用している様子などは以下のムービーから見ることができます。




Phorceはスマートフォンやタブレットなど3つのデバイスを同時に充電できるようにしたバッグ。バッグの中から充電ケーブルを取りだして……


PCにつなげました。


MacBook AIrの場合、7時間以上駆動させることが可能。


その他のデバイスの場合は以下のようになります。iPhone 5/4S/4は8回以上、Galaxy SIIIの場合は6回の充電が可能で、iPad Miniの場合は2.5回となります。


大きさは大体46cm×30cm×10cmです。内側にポケットが複数あり、フロントにはノートなども入るA4サイズのポケットもあります。


PC、タブレット、ノートなどを詰め込んでも余裕があります。


重さは1.7kgです。


なお、PhorceにはUSBで充電を行うタイプととMac用のコネクタがついたタイプの2種類がありますが、どちらもスペックは同じ。バッグに内蔵されているバッテリーの充電時間は4時間で、タブレット・スマートフォンのポケットにはクリーナーが付いています。


Bluetoothでスマートフォンと接続し、バッテリー残量を管理することも可能。


また、もしもバッグを忘れてお店を出てしまっても……


バッグがBluetooth経由でそのことを教えてくれます。


スマートフォンの画面に「Did you forget your bag?(バッグを忘れてませんか?)」の文字。


Phorceはストラップの付け方でメッセンジャーバッグ・リュックサック・ブリーフケースの3つの形へと変化します。


こちらがリュックサック。


メッセンジャーバッグ。


ブリーフケース型にすればビジネスでも使えます。


側面はこんな感じになっているので、キャリーケースと一体化させて持ち運べるのもポイント。


取っ手にはマグネットが仕込んであり、パチっと簡単にひとまとめにすることが可能。


ウォータープルーフなので、雨の中を走っていても中のデバイスは安全です。


色は赤・緑・黒の3色展開。


なお、Phorceは商品化のため現在出資を募っている最中。219ドル(約1万8000円)の出資でUSBケーブルのついたPhorceを1つゲット可能。Mac用Phorceは299ドル(約2万5000円)の出資からとなり、アメリカ国外からの注文の場合、送料として別途25ドル(約2100円)が必要になります。


締め切りは日本時間で12月23日(日)午前7時59分です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
置くだけでワイヤレス充電可能なiPhone5/iPhone4用のバッグと一体型のバッテリーシステム「Everpurse」 - GIGAZINE

薪を燃やしてスマホを充電しながらお湯も沸かせる小型のアウトドア用発電機「バイオライトキャンプストーブ」を使ってみた - GIGAZINE

スマホが充電できて20年間性能を落とさず保存可能な小型の水素燃料電池 - GIGAZINE

1度の充電で1週間使用できる電子ペーパーを採用したAndroidスマホ - GIGAZINE

in 動画,   デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.