ムービー

約26兆円分の金塊・金の延べ棒・ゴールドバーがまるで映画のように山積みにされているイングランド銀行の保管庫はこんな感じ


「スレッドニードル通りの老婦人」とも呼ばれ、銀行に金を貸す「最後の貸手」としての銀行の銀行であり、通貨発行権を持つ政府の銀行でもあるイギリスのイングランド銀行内部を特別にレポートする許可を得て撮影した3150億ドル(約26兆円分)もの金を保管している場所のムービーが圧巻です。

Gold Bullion Vault - Periodic Table of Videos - YouTube


これが金保管庫の内部


金の延べ棒1本ずつはこんな感じ、いわゆる金地金というやつです


うれしそうな教授


ずらっと並んでいます


これがイングランド銀行


大体1つのシェルフに現時点の換算で5600万ドル(約46億5800万円)相当の金塊が収められている計算になっています


ぎっしり


カメラに向かって熱弁を振るい続ける教授、この部屋の中に入るまでにはそれはそれはとてつもなく厳しいセキュリティチェックがあったそうです。


で、教授の目の前に転がっているのがイングランド銀行の金塊、手前はスイスのものらしい


このあたりに重さが刻印してあり、金地金は大きさうんぬんではなく、重さが重要。なので金地金を発行する機関によって大きさはバラバラ。


どれぐらい重いのかというと、片手では持ち上げられないレベル


両手だと簡単


これが金相場の価格上昇を示すグラフ。10年でほぼ10倍近くまで金の価格は上昇し続けていることが分かります。


これだけ膨大な金塊を所有しているのでさぞかしイギリスの金所有量は世界的に見てもスゴイのだろうと思ったら大間違いで、なんとトップ10にすら入りません。


なお、1位はアメリカ、2位がドイツ、3位がIMF、4位がイタリア、5位がフランス、6位が中国、7位がスイス、8位がロシア、9位が日本、10位がオランダ、このムービーに出てくるイギリスは17位です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「ドリトス」を作ろうとしたら小さな金塊が完成して錬金術状態に - GIGAZINE

ついに1/1実寸大の「ゴールドクロス」が秋葉原で公開開始、これで本物の黄金聖闘士に! - GIGAZINE

まるでドラえもんに出てきた未来のお菓子、なんでもかんでもちょっと高級そうに見せる「キンキレイ」や「きんきらふりかけ」など食用純金箔の最前線 - GIGAZINE

金箔ピザから金色のキャビアまで、ゴージャスすぎる純金フードいろいろ - GIGAZINE

17歳で約3億円を宝くじで当てた男性、金銭に関する苦労が絶えず29歳の若さで孤独死 - GIGAZINE

約15億円の宝くじを当てた男性、当選金を全部使い切ってもとのゴミ収集の仕事に戻る - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse

You can read the machine translated English article here.