メモ

iPad miniやNexus 7などのタブレットの中でバッテリー駆動時間が一番長いのはどれ?


スマートフォンと同様に、タブレットにおけるバッテリー駆動時間はタブレット選びの重要な点ですが、「数あるタブレットの中で最もバッテリー駆動時間が長いのはどれか?」ということで、テクノロジーブログのWhich? Tech Dailyが実際に複数のタブレットを使ってテストを行っています。

Which tablet has the best battery life? [Infographic] | Which? Tech Daily
http://blogs.which.co.uk/technology/tablets-ebooks/which-tablet-has-the-best-battery-life-infographic/

テストは「タブレットで映像を再生しながらWi-Fiを使ってウェブブラウジングする」という状況下で行われ、公平を期すためスクリーンの明るさは光度計を使っていずれも輝度200ニトにし、全てのタブレットを同様のコンディションに設定。スクリーンのサイズはバッテリー駆動に大きく関わるとして、タブレットは7.9インチより小さなものと9.4インチより大きなものの2つのグループにわけて実験が行われました。


ということで、テスト結果は以下から。

◆10インチのタブレットのバッテリー駆動
10インチクラスのタブレットで最もバッテリー駆動時間が長かったのはAppleのiPad Retinaディスプレイモデルで811分(約13時間半)、次がiPad 2(590分)と、上位2位はAppleが独占。それにSONYのXperia Tablet S(532分)、Samsung GALAXY Tab 2 10.1(532分)、MicrosoftのSurface with Windows RT(501分)が続く形となりました。


iPad Retinaディスプレイモデルはただ1位であるだけでなく、2位のiPad 2よりも約4時間もバッテリーが長く持つという結果に。iPad 2は3位のXperia Tablet Sよりも1時間ほど長く駆動することがわかりましたが、3位のXperia Tablet Sから5位のSurface with Windows RTまでは僅差です。GoogleのNexus 10はバッテリー駆動が500分を切りましたが、テストを行った10インチのタブレット16台の平均駆動時間が451分だったので、平均よりは上。しかし残念ながらAsusのEee Pad Transformer Primeは平均以下の335分というバッテリー駆動時間に。Eee Pad Transformer Primeはキーボードドックにバッテリーを追加できるようになっており、タブレットは1.1kgと重くなってしまいますが、それによってバッテリー駆動を661分にすることも可能です。

◆7インチのタブレットのバッテリー駆動
こちらも1位はAppleのiPad miniが783分で、13時間以上継続して使用可能という結果に。その次がAmazonのKindle Fire HD(591分)で、3位がASUSのNexus 7(550分)です。テストを行った7インチのタブレット10台の平均バッテリー駆動は478分なので、ここまでは全て平均以上。一方、AmazonのKindle Fireは437分と平均を下回り、Samsung Galaxy Tab 2 7.0に至ってはそれより短い425分となりました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
SIMロックフリー「GALAXY Note II」は「iPad mini」や「Nexus 7」のライバルか?実機で持ちやすさを比較してみた - GIGAZINE

「iPad Retinaディスプレイモデル」箱出し完全レビュー - GIGAZINE

読むだけで「iPad mini」を買ったかのような気分になれる超詳細フォトレビュー&セットアップ完全解説 - GIGAZINE

「iPad mini」vs「Nexus 7」実機対決、サイズ、重量、持ちやすさなど徹底比較 - GIGAZINE

初代からminiまで「iPad」シリーズの進化と真価がよく分かる歴代モデル全部並べてみたよレビュー - GIGAZINE

in メモ,   ハードウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.