×
デザイン

丸窓のようなデザインのクラゲ用水槽「Jellyfish Tanks」


クラゲが死ぬほど好きでたまらない人も世の中にはいますが、クラゲを飼育するには水槽内に水流を作ってクラゲが水面や壁、底に擦れないようにする必要があり、通常の魚用の水槽では飼育が難しいとされています。そこで独自開発を重ね、家庭でも簡単にクラゲが飼えるよう作ったのが「Jellyfish Tanks」。スッキリとした丸いフォルムの水槽で、LEDライトの色を変えクラゲごとカラフルにしてしまうことも可能です。

Jellyfish Tanks & Accessories available from Jellyfish Art | Buy Now
http://www.jellyfishart.com/


こちらがJellyfish Tanks。


ムービーは以下から見ることができます。

My Desktop Jellyfish Tank (pet jellyfish) - YouTube


My Desktop Jellyfish Tank Part 2 (pet jellyfish) - YouTube


曲面に沿って水が流れるためクラゲは中心部にとどまり、水槽とぶつかって傷つかない、という仕組み。ナナメ下からはLEDライトが照らしており、ゴチャゴチャとうるさくなりがちなワイヤーやフィルターは内蔵されているため美しいデザインを保っています。


リモートでLEDライトをカラフルに変化させ、水槽を彩ることも可能。


大きさは257mm×381mm×203mm、内容量は6ガロン(約23L)、水槽を満たした時の重さは約27kgで、1つで5匹のクラゲを飼うことが可能です。


クラゲだけでなく、レッドレッグ・ハーミットクリーナースネイル、熱帯魚なども飼うことができます。


水槽だけなら285ドル(約2万3000円)で、水槽にミズクラゲ1匹と85gのエサがついたものが382ドル(約3万1000円)。さらにクラゲを小さなミズクラゲ2匹と大きなミズクラゲ1匹に、エサ170gにすると499ドル(約4万1000円)になるなど、価格によってキットの内容をグレードアップさせることも可能です。


いずれのキットにも、水槽のほか以下の内容が含まれます。


なお、Jellyfish TanksはKickstarterで出資を募り商品化まで至ったもので、目標金額3000ドル(約25万円)のところ、16万2917ドル(約1340万円)が集まったというかなりの人気商品となっています。

・関連記事
見ているだけで涼しくなれるクラゲやクリオネなど海中写真集「Clione.ru」 - GIGAZINE

カラフルなiMacをそのまま水槽にした「Macquarium」 - GIGAZINE

世界最大の円筒型水槽「Aquadom」 - GIGAZINE

小さな魚たちが泳ぐ世界一小さな水槽、ロシアで作成 - GIGAZINE

ファンタジックな雰囲気の水槽内部に作った箱庭 - GIGAZINE

クラゲをボールにして遊ぶイルカ - GIGAZINE

in 動画,   デザイン, Posted by logq_fa