試食

寒い日にこそ食べたい上品でおなかにたまる紅ずわいがにのクリームコロッケをローソンで買って食べてみた


繊細な肉質を持ち甘みのある「紅ずわいがに」を使用したクリームコロッケ「紅ずわいがにのクリームコロッケ」(税込100円)がローソンから11月27日(火)に発売されました。素材にこだわった紅ずわいがは、日本一の紅ずわいがに水揚げ漁港である鳥取県境港で水揚げされたものだそうです。寒い時期のオヤツにピッタリな感じなので、食べてみることにしました。

産地にこだわり、旬の素材を贅沢に使った鳥取県境港水揚げ紅ずわいがにほぐし身使用 ご家庭の食卓に大人気の揚げ物惣菜「紅ずわいがにのクリームコロッケ」発売
http://www.lawson.co.jp/company/news/068670/

ローソンの「HOT FOODS」のコーナーに到着し……


紅ずわいがにのクリームコロッケを買おうとすると、売り切れていました。そこで、お店の方に頼んで揚げてもらうことに。


ということで、揚げたてをゲット!


早速開封してみると、こんがりとしたキツネ色の衣がお目見え。


手のひらに乗せてみるとこれぐらいの大きさで、長細い形状をしています。


コロッケを割ってみると、トロリとしたクリームソースが見えました。このクリームソースは発酵バターで濃厚に仕上げてあるとのこと。また、赤い紅ずわいがにのほぐし身も見えます。


揚げたてなのでアツアツ!サクサクとした衣は目が細かいので、食べやすいです。クリームソースはスーパーなどで買うクリームコロッケの味とそこまで大きな違いは感じられませんが、なめらかな食感とカニの風味が感じられる上品な味。濃厚な味ながらも食べた後には重たさを感じないので、「Lチキではちょっと胃がしんどい」という場合の選択肢としてはアリ。また、中身は柔らかいですが粘度があるためこぼれにくくなっており、食べやすいのはグッド。


せっかくなので、Lチキソースをかけてみることにしました。


具沢山タルタルソースはちょっとソースとクリームがケンカしてしまう感じ。まろやかなクリームソースの味をじっくりと楽しみたい人には、タルタルソースの酸味がちょっと強いかもという感じです。


バッファローチキンはソースの辛みを強く感じてしまいます。


割と相性が良かったのが、おろしポン酢。クリームソースの甘みを残しつつ、スッキリとした口当たりのソースも同時に楽しめる感じ。クリームソースの味をシンプルに味わうのも良いですが、ちょっと冒険をしてみたいときに使ってみるといいかも。


同じコロッケである「ごろごろ男爵の牛肉コロッケ」が80円で買えることを考えると少し値段は上がりますが、寒い季節だからこそ食べたくなる味なので、試してみる価値はあります。ちょっと小腹のすいたときのオヤツに、温かい飲み物と一緒に買ってイートインコーナーなどで食べると、体もホクホクになりそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ジューシーでプリッとした食感のローソン「広島県能美・江田島産かきフライ」は風味十分で申し分の無い味 - GIGAZINE

Lチキソースの具沢山タルタル・おろしポン酢・バッファローをぶっかけまくってみました - GIGAZINE

店の外も中もヱヴァだらけ、箱根のローソンがヱヴァンゲリヲン仕様の「第3新東京市店」になって登場 - GIGAZINE

実店舗の味わいに肉薄、ローソン渾身の「地域限定冷しつけ麺」全7種類を試食しました - GIGAZINE

ローソンはどうしてローソンという名前なのか? - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 試食, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.