デザイン

キッチン・水道・Wi-Fiも完備したどこでも引きこもれる透明カプセル「Cocoon1」


部屋の中に居ながらにして外に出ることも可能になるのが、水道やバッテリー式のライトやキッチンからWi-Fi環境まで完備した透明なカプセル「Cocoon1」です。繭のようなデザインが美しいだけでなく、機能性もバッチリで、公共の場所に持ち出しても一人っきりの空間を確保できます。

c o c o o n 1
http://cocoonlife.ch

実際にCocoon1を使っている様子は以下のムービーから見ることができます。

Cocoon1 by Micasa LAB - YouTube


こちらがCocoon1。透明なCocoon(繭)の中に入ることで、周囲の風景を眺めながらも一人っきりの時間が楽しめます。


部屋の中に置くとこんな感じ。


自分の部屋だけでなく、くつろぐことが難しいパブリックなスペースに置いてもOK。


木からぶら下げて簡易ツリーハウスにすることも可能です。


Cocoon1は土台の他、枕やキッチンなど複数のパーツから構成されていて、水道やバッテリー式のストーブがついているだけでなく、Wi-Fi環境も完備。キッチンの明かりは40時間点灯可能で、30分間料理をする場合の点灯可能時間は20時間となります。


こちらが水道。


直径は180cm、大人でもゆったりくつろげる大きさです。


以下は設計図。土台の高さは34cm、それにキッチンスペースなどを加えると75cmになります。


手のひらサイズのモデル。こちらもしっかり色分けがしてあります。


ポリウレタンをチェーンソーで削ってカプセルの形を作っていきます。


完成したカプセル。


完成したカプセルの中で興奮した様子のスタッフ。


プロトタイプはこんな感じでした。


価格は2990ドル(約25万円)で、2013年の秋に発売される予定です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
電話ボックスに2年間引きこもっている男性、話相手は鏡に映った自分自身 - GIGAZINE

ドラゴンボールに出てきそうなデザインの組み立て小屋 - GIGAZINE

ひたすら眠りと清潔さを追求した京都の次世代カプセルホテル「9h(ナインアワーズ)」に泊まってみました - GIGAZINE

どこまでも1人用の変形するベッド「sweet talk and dream」 - GIGAZINE

9トンの圧力や25mの水面落下に耐えられる約40万円の4人用球体シェルター「ライフアーマー」の実物はこんな感じ - GIGAZINE

地球がゾンビだらけになっても生き残れる携帯シェルター「VAGABOND」 - GIGAZINE

一人暮らしの部屋にありがちな女性を遠ざけるポイント7つ - GIGAZINE

in 動画,   デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.