ネットサービス

見知らぬ人々が連携して日付を教えてくれるカレンダー「Human Calendar」


デザイン性重視の三角形のカレンダーやキーボードのキートップを使ったカレンダーなど、ユニークなカレンダーはいろいろありますが、日付の書かれたボードを持っている人々の写真で作られたカレンダーが「Human Calendar」です。写真は少しずつ変化しながらも、全員が1つのボードを注目することによって、カレンダーを見る人に今日が何日であるかを教えてくれます。

the human calendar®: Home
http://www.humancalendar.com/


カレンダーの一番上には曜日が書いてあるボードを持った人々。


曜日の列の下には「November 2012」の文字。カレンダー上の人々はみんなが同じ方向を向いていますが、どこを見ているのか?と言うと……


視線の先には「2」と書かれたボードを掲げたの女性の姿。その日その日のボードを持っている人に全員が注目するように作られているようです。


写真は自動的にちょっとずつ変わります。


視線の方向はそのままに、ランダムにチェンジ。


また写真をクリックすると、ボードを下ろし、笑顔でまっすぐにこちらを見つめる姿になりました。


カレンダーはカスタマイズが可能。デフォルトでは「日曜日はじまり」「ワイドサイズ」「楽しむ人々」「ドリップ」に設定されていますが……


それを、「月曜日はじまり」「正方形」「パニック状態」「エスプレッソ」に。


すると、カレンダーは正方形に、左端に「Sunday」とあったのが「Monday」に変更。また、「エスプレッソ」を選択することによって写真の変更スピードも速くなりました。


さらに、クリックによって笑顔になっていた女性は、パニック映画のワンシーンのような表情に。


なお、Human Calendarは2001年に立ち上げられ、当初は製作者の友人たちの写真を使って作っていましたが、現在は誰でも写真を投稿できるようになっています。日付を選択したあと、説明書きに従って計15枚の写真を撮影・アップロードすれば自分の写真がHuman Calendarで使われるというわけです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
キーボードのキートップ2013個を使って日付を示す巨大カレンダー - GIGAZINE

365種類のフォントで書かれた日付や曜日を見てセンスを磨く日めくりカレンダー「Typodarium 2013」 - GIGAZINE
印刷可能なカレンダーを自動生成するネットサービスいろいろ - GIGAZINE

翌月や先月だけでなく1年間全部見えるある意味やり過ぎな卓上カレンダー - GIGAZINE

週単位ではなく上旬・中旬・下旬で区切ったどこもかしこも三角形のカレンダー「卓上 THE TRIANGLE」 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.