デザイン

どこまでも1人用の変形するベッド「sweet talk and dream」


お仕事は頑張るけれどプライベートはキリキリせずにまったり1人で過ごしたい……という人にピッタリなのが、どこまでも1人暮らし用のミニテーブル付き変形ベッド「sweet talk and dream」です。これはフランスのデザイナーMatali Crassetさんがデザインしたもので、ベッドやテレビ鑑賞スペース、ゆったりしたソファーなど複数の用途を1つの家具でまかなうことによって、限られたスペースを有効利用することを可能にします。

Milano – Salone del Mobile 2012 : matali crasset for Campeggi « matali crasset

matali crasset: sweet talk and dream for campeggi

テーブル付きソファーにするとこんな感じ。オレンジとグリーンでポップな印象です。


sweet talk and dreamは変形可能。片面を広げると、ゆったりとしたスペースを確保できます。


両方を広げてみました。


1人ご飯にちょうどいい大きさのテーブル。見つめる先にテレビがあれば完璧です。


テーブルを取り外してゴロゴロ。テレビと見つめ合えば独り寝も寂しくありません。


ライフスタイルが多様化し、大きいばかりの家具を必要としない人も増えている昨今、需要は大きそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
強力磁石を使って空中浮遊するベッドを自作 - GIGAZINE

ハンモックのようにゆらゆら揺れて眠りを誘うベッド「The Floating Bed」 - GIGAZINE

ユニークな揺りかご状のベッド「Private cloud」 - GIGAZINE

機能性だけでなく見た目も重視して不思議なデザインになったベッドいろいろ - GIGAZINE

旧型iMacの画面から猫が出てくるという仕様の猫用ベッド「Think different」 - GIGAZINE

in デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.