メモ

「世界のコーヒー消費量」を図解、一番たくさん飲む国と日本との差は?


世界中で色んな飲み方で親しまれているコーヒーですが、各国の消費量は一体どれくらいなのでしょうか。そんな疑問に答えるべく、旅行口コミサイトのトリップアドバイザーが世界のコーヒー消費量トップ30を分かりやすく図解したインフォグラフィックを公開しています。

世界のコーヒー消費量 TOP30 トリップアドバイザーのインフォグラフィックスで世界の旅が見える
http://tg.tripadvisor.jp/coffee/


世界のコーヒー消費量第一位は1人当たり年間2844杯を消費するルクセンブルクで、これによると1人あたり1日約8杯のコーヒーを消費している計算になります。またトップ10のうち、コーヒー豆生産国はブラジル(11位)、ホンジュラス(25位)、ベネズエラ(28位)の3カ国のみ。年間340杯のコーヒーを消費する日本は第29位で、1日約0.9杯を消費しているという結果になりました。

◆1人当たりの年間杯数


1位:ルクセンブルク 2844杯
2位:フィンランド 1212杯
3位:デンマーク 946杯
4位:ノルウェー 921杯
5位:スイス 799杯
6位:スウェーデン 789杯
7位:ドイツ 679杯
8位:オーストリア 646杯
9位:カナダ 635杯
10位:スロベニア 606杯

11位:ブラジル 582杯
12位:イタリア 577杯
13位:フランス 547杯
14位:イギリス 533杯
15位:キプロス 504杯
16位:ベルギー 488杯
17位:オランダ 485杯
18位:エストニア 469杯
19位:スペイン 428杯
20位:アメリカ 411杯

21位:リトアニア 409杯
22位:ポルトガル 407杯
23位:オーストラリア 382杯
24位:スロバキア 374杯
25位:ホンジュラス 362杯
26位:ニュージーランド 358杯
27位:アルジェリア 342杯
28位:ベネズエラ 341杯
29位:ポーランド 340杯
30位:日本 340杯

◆1人あたりの1日杯数


1位:ルクセンブルク 7.79杯
2位:フィンランド 3.32杯
3位:デンマーク 2.59杯

ちなみに、このインフォグラフィックはコーヒーを種類ごとに詳しく図解してあり、「カフェオレとカプチーノってどう違うの?」という素朴な疑問も解決されます。

◆コーヒーの抽出方法


・ドリップ式抽出
コーヒー:コーヒー100%
カフェオレ:コーヒー50%・ミルク50%

・エスプレッソ式抽出
エスプレッソ:エスプレッソ(深煎りの微細に挽いたコーヒー豆をカップ型の金属フィルターに詰めて、圧力を掛けて抽出したもの)100%
カフェラテ:スチームミルク80%・エスプレッソ20%
カフェアメリカーノ:エスプレッソ20%・お湯80%
カプチーノ:エスプレッソ30%・スチームミルク30%・フォームミルク40%
カフェマキアート:エスプレッソ60%・スチームミルク40%
カフェモカ:エスプレッソ20%・スチームミルク70%・モカ(チョコレート)シロップ10%

なお、これはInternational Coffee Organization発行の「Monthly coffee market report(2012年1月)」より、ICO加盟国のみのデータで作られたもの。またコーヒー1杯に使う豆の量は、キーコーヒーのホームページより10グラムで計算されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
コーヒーについて知っておいて損はない15の豆知識 - GIGAZINE

コーヒーを自宅でいれる時に陥りがちな7つの落とし穴 - GIGAZINE

ベストデザインな世界各国のコーヒーメーカー7種類 - GIGAZINE

いつものコーヒーとはひと味違うかもしれない、世界の高級コーヒーの値段トップ10 - GIGAZINE

熱いコーヒーを適温のまま維持して保温する「Coffee Joulies」セット - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.