ハードウェア

iPhone連動で状況に応じて適切なライティングができるポケットサイズのライト「The Kick」


写真や動画の撮影は今や大がかりなセットを用いてではなくスマートフォンで簡単に行えるようになりましたが、iPhoneでさらに効果的な撮影をできるようにするのが、ポケットに入れて持ち運べるライト「The Kick」です。カラーチャートから好きな色を選んでライティングしたり撮影時の天候に合わせて光を作り出すほか、雷や炎の光も再現でき、iPhoneでのカメラ撮影の可能性を広げます。

The Kick - a pocket sized lighting studio for photo & video by Rift Inc — Kickstarter

The Kick | Rift Labs

The Kickの本体はこんな感じ。


The Kickは無線LAN(Wi-Fi)を使ってiPhoneアプリで操作します。


アプリの操作画面はこんな感じ。


指で好みの色をタップするだけで簡単にライトのカラーを変えることがきるほか、明るさの調整やその時の天気に合わせたライティングが可能です。


The Kickは大体iPhoneと同じくらいの大きさなので、ポケットに入れて持ち運ぶことが可能。


The Kickのムービーは以下から。



The Kickは状況に応じてライティングができるポケットサイズのライトです。


こちらがThe Kickのプロトタイプ。iPhoneを使っても操作できますが、The Kick自体でも側面のボタンから明るさの調整や天候に合わせたライティングが可能です。


ダウンロードしたiPhoneアプリを使って操作してみます。


まず、画面右のボタンをタップしてカラーチャートを表示。


カラーチャートを指で操作して好みの色を選びます。


これまでに使ったことのあるエフェクトをエフェクトライブラリーからチョイスすることもできます。


撮影画面をタップして画面上の色を直接選択することも可能。


野外での撮影時、逆光でうまく写真が撮れないこともあります。


しかし、そんな時でもThe Kickを使えば適切なライティングで撮影可能。被写体の女の子もずっと可愛く写ります。


スタンドにThe Kickを固定しミニ撮影スタジオを作り、色を調整しながらの撮影もできます。


人形の撮影でも雷の効果を使って撮ると、本格的なアニメーションが完成します。


ドクロの視線の先には……


暗闇の中の人影。


ピカッと雷が光ると忍者の姿が明らかに。決闘っぽいシリアスな空気を演出します。


また、アプリを使うと画面の中の光の効果をそのまま再現することもできます。


画面の中の炎からポイントを外すとライトが消えますが……


再び炎にポイントを合わせると、炎の揺らぎに合わせてライトが点灯します。


The Kickを使えば大げさなセットを使わなくても効果的な写真や動画の撮影が可能になったり、


ここぞというデートの際のムード作りができるというわけです。


The Kickは現在Kickstarterにて商品化に向けて資金集めをしている最中です。締め切りは現地日時で7月18日。149ドル(約1万2000円)を投資することによって商品化した際にWi-Fi搭載のThe Kickが1つもらえ、投資の額を増やすとバージョンを変えることもできます。なお、アメリカ国外の場合、別途に送料が15ドル(約1200円)がかかります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
極限状況でもこれなら生存可能、小型防水ライト「イーライト」が半端ない実力をフルに発揮 - GIGAZINE

常時点灯でホットシューに取り付けられるカメラ用LEDライト「LUNATEMIS LED 56」 - GIGAZINE

まるで点滴のようなUSB接続のLEDライト「入院病灯24時 LEDライト USB」 - GIGAZINE

フレキシブルなLEDライトとUSB充電ポート付き電源タップ - GIGAZINE

気やオーラを連想させるかっこいいライト・ペインティング - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.