ムービー

SF映画「ブレードランナー」を透明水彩画にしたムービーがYouTubeで公開中


史上最高のSF映画に選ばれた「ブレードランナー」を3285枚の透明水彩画を使ってアニメーションさせたものが登場しました。2011年3月から2012年1月にかけて描かれたもので、かなりの力作になっています。

Blade Runner Aquarelle Edition, Part 1 (Teaser) - YouTube


なお、ブレードランナーはリドリー・スコット監督によって女性が主人公の続編の制作をする意向であることが発表されており、舞台は前作の数年後の世界で、既にオープニングシーンの構想もあるらしく、「生垣などが何もない広大な農地から映画は始まる。アメリカ・カンザス州のグレートプレーンズのような視界を遮るもののないところだね。耕された台地がずっと続いているんだ」「夜が明けるとき、家の6倍ほどの大きさの未来的なコンバインが光を受け映し出される。前方には『怒りの葡萄』に出てくるようなポーチ付きの小さくて白い羽目板の小屋がある。その右側から、地上6フィートを浮遊する車が犬に追いかけられながらやってくるんだ」とのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
松崎しげるの絵を描く時に最適な「まつざきしげるいろ」の作り方 - GIGAZINE

写真のようにしか見えない超リアルな絵画あれこれ - GIGAZINE

本物の絵筆やブラシのようにiPadで自由自在に絵が描ける「Sensu Brush」 - GIGAZINE

宇宙の深淵で調査隊が未知の存在と遭遇するSF映画「プロメテウス」予告編ムービー、2分強のフルバージョン登場 - GIGAZINE

「トータル・リコール」予告編フルバージョン公開、あのシーンはどうなるのか? - GIGAZINE

in 動画,   映画,   アート, Posted by darkhorse

You can read the machine translated English article here.