メモ

CD-ROMをバラバラにして造った七色に輝くドラゴン


フロッピーディスクに描くポートレートやパソコンの部品で作る動物など、パソコンのパーツや記憶媒体を本来とはかけ離れた使い方で使った作品がありますが、今度は136枚のCD-ROMの破片を接着して七色に輝くドラゴンを作ってしまったようです。

A dragon sculpture I made out of CD shards - Imgur
http://imgur.com/a/7qYHB

こちらのドラゴンはワイヤーメッシュでフレームを作り、その上に破片状にした136枚のCD-ROMをくっつけているそうです。


後ろ姿はこんな感じ。翼や尻尾など、パーツによって破片の形も異なります。


表情も迫力満点。細部まで手の込んだ作りとなっています。


なお、このドラゴンに一体どれくらいの価値があるのかが分からないということで、販売に向けてredditを使いその価値を確かめている最中であり、公開からまだ1日程度しか経過していないのですが、既に約349万回も閲覧されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
食べるのがもったいないドラゴンのケーキ - GIGAZINE

フロッピーディスクを使って描いた異様な迫力のポートレイト - GIGAZINE

パソコンの部品を素材にしてつくられたアート作品 - GIGAZINE

フロッピーでつくったカバン - GIGAZINE

USBメモリやゲームウォッチなどを巨大化させたアート - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.