デザイン

包丁の中からナイフが現れる入れ子構造の包丁セット「Meeting」


小さなキッチンではスペースがあまりなく、包丁の収納場所に困っている料理好きの人も多いはず。そんな悩みを解決するのが包丁の中にさらにナイフや包丁を収納する入れ子構造になった包丁のような包丁「Meeting」です。スペースの節約ができるだけでなく、スタイリッシュなデザインなので見える場所に飾っておいてもオシャレです。

DEGLON, coutelier depuis 1921 :: Outils de pros :: Gammes :: Meeting

Kitchen knives by Mia Schmallenbach at Coroflot.com

MeetingはMia SchmallenbachさんのデザインをDeglon社が商品化したもの。さび止め加工を施した高品質ステンレス製で、ナイフの比率はフィボナッチ数列に基づいてデザインされています。


Meetingは果物ナイフ(約8センチ)、肉切りナイフ(約13センチ)、洋包丁(約20センチ)、スライスナイフ(約22センチ)の4つのナイフが1セットになっています。


刃先を軽く押すと取っ手が浮き上がるので、中のナイフを取り出すのも簡単。


Meetingには以下のような種類もあります。

こちらは黒色のMeeting。


このMeetingの台座はブルゴーニュ地方のオークで作られています。


3本のナイフが1セットになったもの。


こちらは2本セット。


スライスナイフ4本セット。


なお、Meeting4本セットは楽天のKitchen World TDIというショップで8万円、Amazon.comでは723.03ドル(約5万7000円)で購入可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
iPadっぽいデザインの万能まな板「Almighty-board」 - GIGAZINE

PCとクッキングヒーターとまな板を合体させた携帯可能な小型多機能キッチン「Electrolux Mobile Kitchen」 - GIGAZINE

まな板+引き出しで具材を整理しながら調理ができる「Mocubo」 - GIGAZINE

刃物の研ぎ方あれこれ - GIGAZINE

カチカチに凍った食材をそのまま切ることができる「冷凍食品用包丁」レビュー - GIGAZINE

in デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.