格安航空会社ではないが南アフリカと日本を繋ぐ信じられない格安フライト、ドバイ経由のエミレーツ航空で帰国してみた


日本でも本格的な格安航空会社(LCC)の「peach」が就航を始めました。世界中で格安航空会社(LCC)による空の価格破壊が起きています。それは南アフリカのケープタウンから、日本へと帰国してみた自分も実感できました。ですが、選んだチケットは格安航空会社(LCC)ではありません。普通の機内サービスのあるドバイ経由のエミレーツ航空でした。航空券は5万7294円です。

こんにちは、自転車世界一周の周藤卓也@チャリダーマンです。一時帰国しています。今回はケープタウンの観光を終えてから帰国するまでの旅路です。

バックパッカーで手配したタクシーが200ZAR(約2000円)で空港へ向かいました。トランクの後部座席を倒すと、自転車を入れた大きな箱まで積むことができます。今回のエミレーツ航空の受託手荷物は30kgと普通の航空会社より多いにも関らず、自転車の箱が思ったより重くて、チェックイン時にあたふたしました。それでも、荷物を減らして通過。

綺麗に整備されたケープタウンの空港。


自転車の箱とズタ袋が受託手荷物。


出発ロビーで搭乗を待ちます。


チェックインをして手に入れた搭乗券。


翼を広げていたのは「British Airways」


そして、こちらが今回利用した「Emirates」の飛行機。


乗り込みます。


南アフリカのケープタウンから中東のドバイを経由して、日本の関空に向かうフライトです。そもそもケープタウンからはドイツ辺りに飛んで、再びヨーロッパを走る予定でした。南アフリカから日本へのチケットは高いという先入観があったからです。でも、ふとしたときにスマートフォンのAndroidアプリを使って、格安航空券を調べてみると思ったより安かったので、今回の一時帰国となりました。

空港を飛び立って高度を上げた飛行機はアフリカ大陸を北上し、中東のドバイへと向かいます。


航空券はケープタウンにあるエミレーツ航空のオフィスで5775ZARでした。日本円に直すと5万7294円と格安の航空券です。それでもエミレーツは格安航空会社(LCC)ではありませんので、もちろん機内食もありました。

ちょっとしたジュースとお菓子も出ました。


機内食の案内があります。


昼食の機内食メニュー。


ビーフカレーを選びました。


蓋を開けるとこんな形です。


夕食の機内食メニュー。


夕食は魚にしました。


ワインまであったりします。


食事以外の時間は機内ディスプレイで時間をつぶしましょう。

このようにすべての座席にディスプレイが備えられていました。


こちらのコントローラーで、音量やチャンネルを操作できます。


コントローラの裏側は衛星電話になっていました。


クレジットカードを読み込むことで通話ができるようです。


機体外部に取り付けられたカメラからの映像をディスプレイに表示できます。


フライト中の高度、外気温、時速、目的地までの距離の情報も分かりました。


映画、音楽、E-mail(有料)、ゲームといったコンテンツがありました。


テトリスが出てきました。前の写真のコントローラーで操作できます。


音楽も聴けますが、最近のJ-popが分かりません。


映画も見れます。東野圭吾原作の「麒麟の翼」が流れてました。劇中でガッキーの発した「夢ばかり追いかけていないで、世の中甘くないよ」という台詞に落ち込む……。


ケープタウンから約8時間のフライトでドバイに到着しました。ここで乗換えをしないといけません。長い長い空港内を歩きました。時間は深夜だというのに、昼間のショッピングモールのような賑わい。白人も黒人もアラブ人も中国人もインド人も、たくさんの人たちの姿があります。そして、日本人の姿も。

たくさんの人が行き交うドバイの空港ターミナル。


ドバイの空港全景は、このような形になるそうです。


ともかく長いターミナルですので、動く歩道がたくさんありました。


中東のイメージが漂う椰子の木があった出発ロビー。


こちらの上の方にみえる窓は、イスラムのモスクの雰囲気ですね。


ケープタウン→ドバイもドバイ→関西国際空港も、窓際の席に座りました。ケープタウンからの便は2列シートだったのですが、ドバイからの便は3列シートで、一回り機体が大きいようでした。ケープタウンからの便は、日本人はおろか東洋人すらまばらな機内でした。ですが、ドバイからの便は関空に向かうだけあって日本人でいっぱいです。

深夜だけど、機内食が出てきました。


洋食ではなく、和食を選んだ朝食の機内食。


飛行機は大阪に向かって飛んでいました。


ドバイから約9時間のフライトで関空に着陸しました。3年ぶりの帰国のはずですが、あいにくの空模様で歓迎されていません……。すいません。それでも無事に帰ってきました。スタンプをもらって、荷物を受け取ります。ATMで円を引き出して、地元の福岡までは日本を旅しないといけません。空港内にある「ローソン」「マクドナルド」「ツタヤ」と、久し振りの日本の空気が懐かしい。でも物価は高くて凹みます。

関空に着陸。窓際だったのに何も見えず。


降りてからすぐの場所。


降りた場所とメインターミナルが離れていて、そこの移動のためだけの電車がありました。


ケープタウンと大阪の時差が7時間。


日本には「入国」ではなく「帰国」となるのが嬉しいですね。


今回は5万7294円でケープタウンから帰れました。しかし、逆の条件で日本から航空券を検索してみると10万円を超えるものしか見つかりません。

中東には今回のドバイを拠点とするエミレーツ航空だけでなく、アブダビを拠点とするエティハド航空、ドーハを拠点とするカタール航空が低価格でたくさんの利用客を集めています。中東の航空会社はアジアとヨーロッパ、アジアとアフリカ、ヨーロッパとアフリカを中東経由で繋いでいました。コンゴのブラザビルから乗ったエチオピア航空もエチオピアを経由して、多くの場所に路線を伸ばしています。ケニアで会ったヨーロッパ人もエチオピア航空を使っていました。

格安航空会社(LCC)は2007年のオーストラリアにいた頃から実感しています。オーストラリアの辺境にあたるダーウィンには、英語のできないワーキングホリデーの台湾人がたくさんいました。台湾からジェットスターでシンガポールに移動して、そこからタイガー・エアウェイズでダーウィンに降り立つルートが一番安いのが理由です。東南アジアではバックパッカーに「高速バスのように飛行機に乗れる」とエアアジアの話もよく聞いてました。

今回の航空券を買ったときのレシート。


日本は「Peach」で賑わっていますが、南アフリカには「Mango」という格安航空会社(LCC)があります。


こんな激しい航空戦争の中で、日本の航空会社はやっていけるのでしょうか?


夕方近くに到着したので空港で一日過ごして翌朝に動き出しました。関空での自転車の入った巨大な段ボールは扱いに困ります。関空は人工島になっていて、その人工島と陸地を繋ぐ橋は自転車では走れません。だから「自転車はどうしたらいいか」と空港の案内所に尋ねても「鉄道会社に聞いて欲しい」と要領を得ない。喰い下がると「箱のままなら大丈夫」という事で電車に乗りました。陸路で移動できない以上、空港と手前の一駅くらいまではそのままの自転車で電車に乗りたいのですが……。

和歌山在住のGIGAZINE読者さんが、関空に差し入れを持ってきてくれて感動しました。ありがとうございました。


関空のターミナル。


関空の目と鼻の先にある「ホテル日航関西空港」


電車に乗りたいのですが通れません。


関西空港駅の一つとなりの「りんくうタウン」で下車。ここで、自転車を組み立てて大阪市内まで走りました。


大阪ではお世話になっているところに顔を出したり、友人に再会したりしていました。観光もしました。大阪の通天閣も今話題のスカイツリーに負けていません。新世界の界隈は賑わっていました。

大阪ドーム。


新世界。


そして、通天閣。


上りたかったけど50分待ちだなんて……。


大阪の滞在を終えて、地元の福岡に帰らないといけません。陸路で600kmかかるのをショートカットしてくれるのが、大阪の南港と、北九州の新門司港を結ぶ名門大洋フェリー。瀬戸内海を船で渡ります。インターネットでの予約割引で、一番安い雑魚寝のニ等室と自転車で6300円でした。

このフェリーに乗りました。


旅を感じる雑魚寝のニ等室。


新門司から福岡までは国道3号を使いました。90km近く走ったのですが、アフリカより暑くて参りました。湿気があるのでこたえます。福岡→北九州の国道3号線は何度も走っていて、懐かしい景色に帰郷を実感しました。福岡市内に入って東区を抜けて、繁華街の天神近くまで来たら手に取るように分かります。「どこかで記念写真を」と福岡のスカイツリー……こと福岡タワーでゴールらしくしてみました。


2009年の5月から3年をかけたアジア、ヨーロッパ、アフリカも無事終わりました。100カ国10万kmの自転車世界一周の目標も、80ヶ国と9万kmまで達成しました。あとは南北アメリカ大陸を残すのみです。一時帰国で準備を整えたら再出発をします。

(文・写真:周藤卓也@チャリダーマン
自転車世界一周取材中 http://shuutak.com
)

・関連記事
鳥なのに飛ばずに走ることにしたダチョウと泳ぐことにしたペンギンの愉快な姿が南アフリカにありました - GIGAZINE

水と緑の地球を忘れさせる砂の世界は別の惑星、ナミブ砂漠はナミビア観光のハイライト - GIGAZINE

アフリカの終わりを感じたボツワナとナミビア、誰もいない地平線を追いかけて - GIGAZINE

川を泳いでいくゾウの姿をボツワナのチョベ国立公園で発見 - GIGAZINE

自転車旅行におけるペアランツーリングの魅力、嬉しいことは二人分、悲しいことは半分、食欲は軽く四人前、そして学ぶことは数知れず - GIGAZINE

思いがけない所で目に留まるオバマ大統領の姿、アフリカ各地で見かけた様々なオバマグッズを追い求めて - GIGAZINE

アフリカ諸国との格の違いを見せつけられたジンバブエの現状 - GIGAZINE

ザンビアを最貧国と報道してバンブーバイクを売ることが「貧しさ」を作っているのではありませんか? - GIGAZINE

「便座がない」「電球が赤い」と突っ込むことが多いアフリカ安宿事情まとめ - GIGAZINE

マラウイはブラックマーケット、ガソリン不足、インフレーションと経済が混乱中でジンバブエ化の気配も - GIGAZINE

タンザニア、マラウイと全てのアフリカで出会った純粋に生きる子どもたち - GIGAZINE

タンザニアでサバンナを歩くゾウやキリン、思い描いていたアフリカに到達 - GIGAZINE

ルワンダの新しい国づくり、「ジェノサイドの悲劇」から「アフリカの奇跡」へ - GIGAZINE

電気も値札もないウガンダでアフリカがいつまで経っても貧しい理由を理解 - GIGAZINE

西アフリカのどんな国より旅しやすい東アフリカのケニアの魅力について - GIGAZINE

南スーダンでも誤解を受けていた日本の「トイレバイク」 - GIGAZINE

コンゴでマラリアと腸チフスを併発したチャリダーマン、ビザが取れず立ち往生 - GIGAZINE

オムレツスパゲッティ、ブッシュミート、キャッサバ、焼き魚……カメルーンの食は豊かで美味しすぎました - GIGAZINE

日本では考えられない格安携帯「Nokia1280」をアフリカで手に入れました - GIGAZINE

アフリカの携帯電話事情まとめ、街中に携帯の充電屋さんや修理屋さんも - GIGAZINE

主要道すら泥まみれになる英語圏カメルーン道路網の貧弱さと南カメルーン連邦共和国の独立運動 - GIGAZINE

NEXT11として経済発展が期待されるナイジェリアの現況とこれからの可能性 - GIGAZINE

旅人としては勧めたい、純粋で優しい人々に囲まれたナイジェリア旅行記 - GIGAZINE

トーゴ、ベナン、ナイジェリアとギニア湾岸にある魅力の国々と人々の笑顔 - GIGAZINE

どこにでもあるアイスが証明、西アフリカで一番経済発展が進むガーナ - GIGAZINE

激安2000円台のエコツアー、ガーナの大自然の川で野生のカバを見てきました - GIGAZINE

特大マンゴー1個10円、ギニアとマリはマンゴーパラダイスでした - GIGAZINE

巨大樹とオカダがある西アフリカのシエラレオネ、内戦からの復興中のこの国で明るい未来への可能性をみました - GIGAZINE

ケボからボケまで、ギニアビサウとギニアの未舗装の小さな国境ルートはびっくりするほどアフリカでした - GIGAZINE

旧イギリス領と旧フランス領の違い、セネガルに囲まれた小国ガンビアが紳士の国だった不思議について - GIGAZINE

セネガルの首都ダカールで黒人奴隷の歴史が残る負の世界遺産ゴレ島に行って来ました - GIGAZINE

黒人国家のセネガルから始まるアフリカらしいアフリカ、フランス風の街なみが残る世界遺産サン=ルイ島を訪れました - GIGAZINE

砂がすべてを支配するモーリタニアの首都ヌアクショットの日常と、日本を感じるご飯料理 - GIGAZINE

誰も寄せ付けないサハラ砂漠が広がる西サハラで営まれている大自然の美しさとそこで働く男達 - GIGAZINE

モロッコ南部、西サハラのどこまでも広がる果てないサハラ砂漠の美しさと道路を横切る野生のらくだ達 - GIGAZINE

美味しいモロッコ料理とたくさんの旅行客が訪れるマラケシュの賑わい、そしてサハラ砂漠を目指す旅人達について - GIGAZINE

スペインで新年最初に開くお店はなんでしょう?スペイン流の大晦日と新年の祝い方 - GIGAZINE

日本から自転車でユーラシア大陸最西端のポルトガルのロカ岬へ辿り着いて想う事 - GIGAZINE

ピレネー山脈の小国アンドラ公国で深い雪に覆われた標高2408mの峠を自転車で越えたら、ホームステイとテレビインタビューが待ってました - GIGAZINE

目標100カ国100,000kmの自転車世界一周、これまでの52カ国65,000kmで撮影した美麗な光景の写真集 - GIGAZINE

67

in 取材,   乗り物,   , Posted by logc_nt