メモ

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディア的な意味でのスーパーヒーロー4パターン

By WhiteDesertSun

今やビジネスにおいてもソーシャル・メディアは重要な役目を果たしますが、ただ単純にTwitterやFacebookを会社で使うだけでなく、戦略を練ってソーシャル・メディアに特化した仕事を設けることで最大限の効果を上げることができます。ということで、ソーシャル・メディアで成功するための人格を4人のスーパーヒーローで表現した「Social Media Super Heroes」は以下から。

The Emergence of the Social Media Superhero [INFOGRAPHIC] — THE UBER-BLOG
http://blog.ubervu.com/the-emergence-of-the-social-media-superhero-infographic.html

◆01.最先端のツールでデータを綿密に解析する統計中毒者「DATA JUNKIE(データ・ジャンキー)」
オンライン上の莫大な情報によって作られた解析を元に1つの決断を下すことを仕事とする。直感にすぐれ、事件の背景に何があるかを見抜くことかできる。異なったビジネス分野出身のウェブ・アナリストと相性がよい。


◆02.慎重に戦略を練る、鋭い嗅覚を持った洞察力あるスーパーヒーロー「THE DIGITAL STRATEGIST(デジタル・ストラテジスト)」
マーケティングやカスタマーサービス、セールスといった複数の仕事を同時に成功させる戦略を練ることを仕事とする。ソーシャル・メディアを使ったキャンペーンがいかに実用的であるかを視覚化したレポートによって実証するため、ソーシャル・メディア・デザイナーと相性がよい。


◆03.外向性のあるエネルギッシュなキャラクターで、どんどん新しいコネクションを作っていく「THE SOCIAL EVANGELIST(ソーシャル・エヴァンジェリスト)」
存在によって周囲の人間にポジティブな印象を与え、売り上げを伸ばすと同時に顧客を満足させることを仕事とする。ブランドのイメージを上げることはもちろん、チームをまとめる役割も果たす。いつ何時事件が発生してもすぐに対応できるようにリスニング・オフィサーと組むと効果的。


◆04.重要な変化にいち早く気づき、即座に問題のクリエイティブな解決法を見つけ出す「THE ONLINE AMBASSADOR(オンライン・アンバサダー)」
TwitterやFacebookなどのソーシャル・メディアを監視し、モニタリングして集められた意見と実際に投げられたメッセージとのバランスを取ることを仕事とする。従来のマーケティングとオンラインの影響力という強みを組み合わせた複雑なソフトウェアを使って、明瞭なメッセージを広げていく。適切なコンテンツ・カレンダーを作成できるため、コンテンツ・クリエイターと組むと効果的。


大人になると、かつてヒーローに憧れていたことも忘れて多くの人が平凡な生活に満足するようになりますが、Social Media Super Heroesからスーパーヒーローたちの秘訣を学べば、明日からでも会社で正義の味方になれるというわけです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Twitterなどで有名人となっている社員の取り扱い方法、5つのメリットと5つの地雷 - GIGAZINE

11種類のFacebookでよく見かけるユーザーいろいろまとめ - GIGAZINE

SNSの現実版「ソーシャルアパートメント」に泊まってみました - GIGAZINE

アメリカの学生たちの多くがインターネットを取り上げられると苦しむ依存症の状態にあることが判明 - GIGAZINE

これからは人を軸に情報が流れるようになる、佐々木俊尚が語る「次世代テレビ」「脱テレビデバイス」「ミドルメディア化」 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.