取材

献血バスの前に順番待ち行列、セイバーの呼びかけに多くの人が応えた献血と「Fate/Zero」のコラボキャンペーン


よく駅前に献血車が止まって、献血への協力を呼びかけている光景を目にしますが、5月3日(木)から徳島では「マチ★アソビ vol.8」にあわせて、献血に協力すると「Fate/Zero 献血ポスター」がもらえるキャンペーンを展開。「誰かの鞘となってほしい」という熱い呼びかけにどれだけの人が応えたのか、確かめてきました。

場所は、阿波銀行のキャッシュコーナーのとなりです。


反対側にまわるとこのように人がずらり。


献血をするために延々と順番待ちの行列ができるというのはあまり見たことがありません。


ここで献血できる体調かどうかの問診が行われています。


献血バス「宝くじ号」の前にも献血を待つ人たちの列ができていました。


献血は受付を済ませればすぐに終わるというものではなく、また、血液の鮮度の問題もあるため、お昼過ぎには本日分の受付が終了していました。


なにやらスタッフの方が列に並んでいる人たちに配っています。


配られているものは、「ポスター引換券」。この日の受付は終了してしまったのですが、5月5日までにこの引換券を持って先ほどの献血バスか、7月31日までに徳島駅前のアミコビルにある献血ルームで献血をするとポスターがもらえるとのこと。


そしてもらえるポスターはこちら。「献血で愛があふれる国になれ」というセイバーのメッセージ入りポスターです。「マチ★アソビ vol.8」に来場した際には、愛のあふれる国作りの一端を担ってみるのもいいかも。


2012/05/04追記
献血は5月4日も大盛況、午後の部は13時から受付開始だったにもかかわらず開始前にすでに100人以上の行列ができており、後日献血した際のポスター引換券を渡して抜けられる人には抜けてもらったりしたものの、13時20分には受け付けが終了となっていました。担当の人によると、献血でこれほどの行列ができたケースというのは非常にまれだとのこと。

・関連記事
「マチ★アソビ vol.8」全記事まとめ一覧 - GIGAZINE

遠くからでもできること、すべきでないこと、被災地の人々に迷惑をかけず助けとなるための行動法まとめ - GIGAZINE

改変ヘモグロビンの開発に成功、人工血液の時代はもうそこまで来ている - GIGAZINE

国内唯一の専門店、描き下ろしグッズ多数の「Fate/Zeroショップ」がオープン - GIGAZINE

「Fate/Zero」とスイスアーミーナイフのコラボモデルは刻印プレート付きの本気仕様 - GIGAZINE

in 取材,   アニメ, Posted by darkhorse_log