ムービー

ダイソンの強力モーターを使った自作カートでエンジニアたちが対決


ダイソンといえば「吸引力の変わらないただ1つの掃除機」のCMフレーズがあるように強力なモーターを搭載した家電で知られています。そのモーターがどれだけ強力かをアピールするかのように、ダイソンのエンジニアたちがすべてダイソン製品のパーツを使っておもちゃのカートを作り、最速を競っています。

Dyson car challenge - YouTube


ものものしい格好をしたエンジニアたち、遊びにも本気です。


今回の企画ではハンディクリーナー「DC34」やコードレスクリーナー「DC35」で使っているダイソン デジタルモーターとダイソン製品のパーツを使っておもちゃのカートを製作、誰が最速かを争いました。


変わった形のカート


こちらはレーシングマシンっぽい形状で本気でトップを狙っています


ドラッグレースにも出られそう


こんなパーツ、あったような、なかったような……


どこから持ってきたのか、巨大タイヤを取り付けたマシンも。


みんなが集まって成り行きを見守っています


パワーを生かして疾走していくマシン


ほとんどは小型のマシンですが、中には自分が乗れるサイズのものを作った人も。


これが結構しっかり走っています


いかにもダイソンらしいデザインのマシン


優勝したマシンはどんなマシンだったのか、いったいどういうパーツ構成だったのか、ぜひ公式サイトで発表して欲しいものです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ダイソンの「羽根の無い扇風機」にインスパイアされたバイク「Dyke」 - GIGAZINE

ダイソンの羽根のないファンヒーターで本当に浮く熱気球完成ムービー - GIGAZINE

ダイソンの「エアマルチプライヤー」でピタゴラスイッチ的かつ涼しげな風船の動きを楽しむ動画 - GIGAZINE

温風を1.5m先まで余裕で届けるダイソン「Hot+Cool ファンヒーター」レビュー - GIGAZINE

操作感が劇的に軽やかになった「ダイソンカーボンファイバーDC26」実機レビュー - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.