ムービー

「ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略」予告編公開でガッツとグリフィスが再戦


1989年からヤングアニマルで連載が続いている三浦建太郎のファンタジー漫画「ベルセルク」を映画化する「ベルセルク・サーガプロジェクト」が進行中です。6月23日にその第2弾として映画「ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略」が公開となりますが、その予告編が登場しました。

映画『ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略』2012年6月23日(土)ロードショー (c):2012 三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS
http://www.berserkfilm.com/index.php

映画「ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略」予告編ムービー - YouTube

「黄金時代篇I 覇王の卵」では、主人公のガッツがグリフィス率いる鷹の団に入団し、グリフィスと深い絆で結ばれ満足感を得ながらも、自分がグリフィスの考えている真の友ではないのではないかと悩むところまでが描かれました。

前作で「不死のゾッド」との絶望的な戦いに挑んだガッツ。


順調に出世を重ね、ミッドランド王の信頼も勝ち得ているグリフィス。


今回はかつてミッドランドがチューダーに奪われたドルドレイ要塞の攻略を中心に描かれます。


ミッドランド軍、チューダー軍ともに大兵力を投入しての戦いで、戦場全体での大激突が見られます。


グリフィスの持つ「覇王の卵」ベヘリットは、どのような運命を彼にもたらすのか。


グリフィスは人気の中心


しかし、他の鷹の団メンバーは浮いているような……。


シャルロット王女とグリフィスは深い仲に。


そして、また対峙することになるガッツとグリフィス。


ベヘリットを下げたグリフィス、その体には数多くの傷が……。


「ここから、本当のベルセルクが始まるーー」ということで、映画は6月23日公開です。


原作ファンであれば、だいたい原作の展開具合でこの「黄金時代篇Ⅱ」でストーリーがどれぐらい進むかは予想できていたと思いますが、この予告編から見るとまさに予想通りなのではないでしょうか。「黄金時代篇Ⅲ」での展開のためにも、ここの流れは見逃せないところです。

©三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」特報映像公開、三浦健太郎のコメントも - GIGAZINE

とんでもないリアリティと迫力のベルセルクフィギュア「ゾッド」「スラン」など - GIGAZINE

ベルセルクのドラゴン殺しがワンダーフェスティバル2008[冬]の一般フロアに登場 - GIGAZINE

「ベルセルク」からガッツの可動フィギュア登場、実物大「ドラゴン殺し」も出展 - GIGAZINE

in 動画,   映画,   アニメ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.