ムービー

わずか数日で公開中止になったEUの人種差別反対CMムービー


EUが「人種差別をやめよう」という狙いでCMを作ってネットで公開したところ、そのCMムービー自体が人種差別的だと猛烈な批判を受けて、公開からわずか数日で配信中止になるという事態が発生しました。製作費が12万7000ユーロ(約1370万円)、さらに配信に12万1500ユーロ(約1315万円)がかかっていたというムービーなのですが、一体何がどのように悪かったのでしょうか。

配信中止のムービーがYouTubeにアップされていて、内容はこんな感じです。

EU enlacement ad - YouTube


薄暗い駅の中を歩いて行く黄色い服の人影


ブルース・リーか、そこから影響を受けたタランティーノ監督の「キル・ビル」を連想させる、黒いラインの入ったトラックスーツ姿の白人女性。


そこへ、拳法家のようなアジア系の男性が現れました。


いきなり戦闘態勢です


背後からも1人、姿を現しました。


ふわっと体を浮遊させているのは……


ターバンを巻いた、アラブ系っぽい男性。


こちらも刀を突き出して、いまにも斬りかかってきそう。


さらに、扉を蹴破ってきたのは……


格闘家らしい黒人男性。


3人と対峙した女性は気合いを込め……


ハッ!


次々と分身を生みだしていきます


完全に男性3人を取り囲みました


男性たちはこれを見て武装を解き……


全員が座りはじめました


そして上から見た図へ


黄色い服の女性が星にかわっていき……


EUの旗になりました


EUには特に人種差別的な意図はなく、「16~24歳のゲーム世代にアピールする狙いで、アクション映画やゲームに登場する典型的なキャラクターを登場させた」とのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
セクシー過ぎて放送禁止になったカルバン・クラインのCMとは? - GIGAZINE

放送禁止になったPSPのCM、作ったのは誰? - GIGAZINE

メガネをかける必要性を訴えすぎて放送禁止になったCM - GIGAZINE

DVで放送禁止になった家具メーカーのCM - GIGAZINE

放送禁止になったウェンディーズのCM - GIGAZINE

ライトノベル史上最強の寸止めアニメ「かのこん」、第7話以降は表現がエロすぎて無料配信中止 - GIGAZINE

in 動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.