ムービー

ピックアップトラックが一瞬で粉々になる交通事故ムービー

by Brian Rendel

センターライン部分に残っていた雪を踏んでしまったピックアップトラックが為す術もなく対向車線に飛び出してしまい、大型トラックと激突して粉々になってしまうというあまりにも不幸な交通事故を、後続車のカメラが撮影していました。

たとえ慣れたドライバーであっても一瞬のミスで交通事故に遭遇することはあります。それが、条件の悪い凍結した道路であればなおさらのこと。この事故で亡くなったドライバーも、経験豊かなドライバーだったそうです。

Nissan Navara 24.02.12 - YouTube

※かなり激しい事故のムービーなので閲覧時には注意してください

事故はロシア連邦、ウラジーミル州ペトゥシキから高速道路M7を走行中にOmutischi村付近で発生しました。


軽いアップダウンを繰り返しながら直線が続いています。撮影車のドライバーの友人であるアレクサンダーさんが運転する日産のピックアップトラックナバラが前方を走行中。ナバラは国内では「フロンティア」、その他の国では「ピックアップ」や「ハードボディ」という名前で販売されています。


と、ナバラが少し左に寄りました。このときセンターライン上にあった雪を踏んでしまって、コントロールを失います。


右側車線を走行していたトラックに衝突。


ナバラはその反動でセンターラインを越え、反対側の車線へ。


対向車線はちょうど大型のトラックが走行してきたところで、コントロールを失ったナバラには避ける術がありません……。


衝突したその瞬間、ナバラは「ひしゃげる」というよりも、内側からはち切れるようにパーツが飛び散り粉々に。


こちらの車線にまでパーツが飛んできています。


ドライバーは慌てて車を止めましたが、ナバラを運転していたアレキサンダーさんはこの事故で亡くなりました。事故後、トラックの下から車体の一部が発見され、アレキサンダーさんの脚部も見つかったそうですが、体は見つからなかったそうです。


ナバラは日産のピックアップトラックで、パワーと高い運動性能がウリの車です。

by dj_edob

この事故の起こった場所から300mほど離れた場所では、2007年に俳優のDedjushko Alexanderさんとその妻、8歳の息子が交通事故で亡くなっています。

それほどスピードを出しすぎていたようにも見えず、もしも中央分離帯があれば、最初のトラックとの接触事故だけで済んだのではないかと思うのですが……。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
思わぬところから自動車が突っ込んでくる高速道路での交通事故のムービー - GIGAZINE

時速250kmでポルシェと鳥がぶつかった事故写真 - GIGAZINE

1959年の車と2009年の車の頑丈さの違いを確かめる衝突テスト - GIGAZINE

交通事故で死んだはずのネコが再び飼い主の前に現れる - GIGAZINE

偽物のシートベルトで警察の目をごまかしていた男性が交通事故死 - GIGAZINE

交通事故で命を落とすかどうかは、救急車の到着時間に非常に大きく左右される - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.