取材

南スーダンでも誤解を受けていた日本の「トイレバイク」


こんにちは、自転車世界一周の周藤卓也@チャリダーマンです。2011年7月、世界で一番新しい国家になる南スーダンが誕生しました。これは同年1月に実施されたスーダンからの分離独立の是非を問う住民投票の結果を受けてのことです。この南スーダンの新聞を、隣国であるウガンダの首都kampalaで手に入れました。「Abyei(アビエイ)」や「東アフリカ共同体」と、気になる単語がならびます。そして日本でも騒がれた「トイレバイク」が紙面を賑わせていました。しかも、誤解されているようです。

世界で一番新しい国家の南スーダンはこちら。

大きな地図で見る

ウガンダの首都Kampalaの中心部を歩いていると、びっくりするものが目に飛び込んできました。路上の売り子が販売している新聞の一つに南スーダンの文字がありました。

新聞の名前は「ACTIVE NATION」、表紙はリビアのカダフィ大佐が飾っています。


SOUTH SUDAN NEWSという南スーダンの表記が目を引きます。


「Kampalaになぜ南スーダン?」と首をかしげましたが、新聞内にKampalaと南スーダンの首都Jubaを結ぶバス会社の広告がありました。Kampalaから南スーダンまでは直線距離で約500kmほどなので、陸路で南スーダンへ向かう中心だったのです。


興味があったので、1500ウガンダシリング(約50円)で一つ買ってみました。新聞は南スーダンの公用語である英語で書かれているので簡単な内容なら分ります。

その南スーダンの新聞では何が取り上げられているのか見出しを紹介していきましょう。

「Gaddafi Dead; Who Pulled the Trigger(カダフィ死す; 誰が引き金を引いたのか)」。表紙をめくった三面を使って亡くなったカダフィ大佐が大々的に取り上げられています。


「Give them deadline" South Sudan urge IC over Sudan's withdraw from Abyei(彼らに最終期限を"南スーダンは国際社会を通してスーダンがアビエイから引くように主張する)」。スーダンから南スーダンが独立してもなお、アビエイと呼ばれる地域の帰属はどちらになるのか決まっていません。


「USA,Russia vow to support South Sudan in Military Defense(アメリカ、ロシア、南スーダンへの武器輸出を明言)」。南スーダンへの武器輸出をめぐって、アメリカ、ロシアと主導権をめぐる駆け引きが繰り広げられています。


「South Sudan readies to join East African Community(南スーダンは東アフリカ共同体参加への用意をしている)」。南スーダンはケニア、タンザニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジの5カ国で構成される東アフリカ共同体(EAC)への加入を考えているようです。このEACは、ヨーロッパにおけるEU型の地域統合を目指しています。


アフリカ内のニュースを扱うAFRICAN NEWSの項目は欠かせません。

「Kenya troops advance into somalia near Afmadow Al-Shabaab threatens Kenya revenge attacks(ケニア軍はソマリア国内のAfmadow近くまで進攻した。
アル・シャバブはケニアでの報復テロを警告)」。ソマリアの武装組織アル・シャバブはケニア国内に侵入しテロ攻撃や外国人誘拐を繰り返していました。こうした状況からケニア軍はアル・シャバブが支配するソマリア南部へ軍隊を進攻させます。ケニアに滞在中はこのソマリア進攻のニュースが否応なしに耳に入りました。


「Liberia vote: Prince Johnson backs President Sirleaf(リベリア選挙:プリンス・ジョンソン候補がサーリーフー大統領への支持を表明)」。西アフリカリベリアの大統領選挙において一回目の投票で過半数を占めた候補者が出ず、上位二名による決選投票に持ち込まれました。一回目の投票で三位の得票率だったプリンス・ジョンソン候補は決戦投票へと進む現職のサーリーフー大統領の支持を表明します。


裏表紙はSPORTSが一面を占めていました。アーセナル(イングランド)やバルセロナ(スペイン)といったヨーロッパのサッカーはアフリカでも人気があります。


SUDOKU PUZZELS(数独)もありました。


広告にも注目してみましょう。

SOUTH SUDAN HOTEL、空港までの送迎、発電機を備えた24時間の電気供給、ランドリーサービス、セーフィティーボックス、Wi-Fiサービスと立派なホテルです。


JIT SUPERMARKET、アフリカによくある輸入品で占められていて、その商品が日本より高いというスーパーマーケットでしょう。何でも揃っていそうなのですが。


アフリカ以外のニュースも紹介されています。そこにJapanの文字がありました。

「Obama Look Alike Famous in Indonesia(オバマ大統領のそっくりさんがインドネシアに)」。オバマTシャツ、オバマサロン、オバマモーテル、オバマキーホルダーとアフリカでのオバマ人気はとどまることを知りません。なので、オバマネタは新聞でも使っていきたいのでしょう。インドネシアのオバマさんとは彼のことでしょうか。


Google画像検索で調べてみるといっぱい画像が出てきました。

Google画像検索「Ilham Anas bares」の結果はコレ



そしてそして……「Bike That Runs on Feces Unveiled in Japan.(日本で、うんちで走るバイクが登場しました)」


これは日本でも騒がれたみたいですね。

座席は便器、トイレバイク登場 TOTOが節水型をPR



記事の一部を訳してみました。

Recently it was announced that a scientist had created a way to turn human feces into edible "meat."
つい先日、科学者によって人間のうんちを有効に利用する方法が発表されました。

big thing , Japanese toilet maker "TOTO" has created the Toilet Bilke Neo, a bike that runs human waste.
日本のトイレメーカー"TOTO"によって作られたトイレバイクネオは人間のうんちで走ります。

Whatever method it requires, the fecal matter is converted into biogas which powers the bike.
何であろうとバイクのエネルギーとなるにはうんちがバイオガスに変換されることが必要とされます。

と明らかに誤解されています。

全文はこちら


TOTOでは「トイレバイク ネオはライダーのうんちで走れるわけではありません」とホームページに注意書きがあります。

TOILET BIKE NEO



『トイレバイク』誤解で反響…米サイト『人糞が燃料』と紹介」……と世界を騒がせた「トイレバイク」、なんと南スーダンにまで誤解が広がっていました。


この南スーダンの新聞であるACTIVE NATIONはホームページもありました。

ACTIVE NATION



日本にいると考えもしませんが、こうして外国の新聞をみてみるのも面白いものです。それが、世界一新しい国家であったらなお更でしょう。

(文・写真:周藤卓也@チャリダーマン
自転車世界一周取材中 http://shuutak.com
)

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
コンゴでマラリアと腸チフスを併発したチャリダーマン、ビザが取れず立ち往生 - GIGAZINE

オムレツスパゲッティ、ブッシュミート、キャッサバ、焼き魚……カメルーンの食は豊かで美味しすぎました - GIGAZINE

日本では考えられない格安携帯「Nokia1280」をアフリカで手に入れました - GIGAZINE

アフリカの携帯電話事情まとめ、街中に携帯の充電屋さんや修理屋さんも - GIGAZINE

主要道すら泥まみれになる英語圏カメルーン道路網の貧弱さと南カメルーン連邦共和国の独立運動 - GIGAZINE

NEXT11として経済発展が期待されるナイジェリアの現況とこれからの可能性 - GIGAZINE

旅人としては勧めたい、純粋で優しい人々に囲まれたナイジェリア旅行記 - GIGAZINE

トーゴ、ベナン、ナイジェリアとギニア湾岸にある魅力の国々と人々の笑顔 - GIGAZINE

どこにでもあるアイスが証明、西アフリカで一番経済発展が進むガーナ - GIGAZINE

激安2000円台のエコツアー、ガーナの大自然の川で野生のカバを見てきました - GIGAZINE

特大マンゴー1個10円、ギニアとマリはマンゴーパラダイスでした - GIGAZINE

巨大樹とオカダがある西アフリカのシエラレオネ、内戦からの復興中のこの国で明るい未来への可能性をみました - GIGAZINE

ケボからボケまで、ギニアビサウとギニアの未舗装の小さな国境ルートはびっくりするほどアフリカでした - GIGAZINE

旧イギリス領と旧フランス領の違い、セネガルに囲まれた小国ガンビアが紳士の国だった不思議について - GIGAZINE

セネガルの首都ダカールで黒人奴隷の歴史が残る負の世界遺産ゴレ島に行って来ました - GIGAZINE

黒人国家のセネガルから始まるアフリカらしいアフリカ、フランス風の街なみが残る世界遺産サン=ルイ島を訪れました - GIGAZINE

砂がすべてを支配するモーリタニアの首都ヌアクショットの日常と、日本を感じるご飯料理 - GIGAZINE

誰も寄せ付けないサハラ砂漠が広がる西サハラで営まれている大自然の美しさとそこで働く男達 - GIGAZINE

モロッコ南部、西サハラのどこまでも広がる果てないサハラ砂漠の美しさと道路を横切る野生のらくだ達 - GIGAZINE

美味しいモロッコ料理とたくさんの旅行客が訪れるマラケシュの賑わい、そしてサハラ砂漠を目指す旅人達について - GIGAZINE

スペインで新年最初に開くお店はなんでしょう?スペイン流の大晦日と新年の祝い方 - GIGAZINE

日本から自転車でユーラシア大陸最西端のポルトガルのロカ岬へ辿り着いて想う事 - GIGAZINE

ピレネー山脈の小国アンドラ公国で深い雪に覆われた標高2408mの峠を自転車で越えたら、ホームステイとテレビインタビューが待ってました - GIGAZINE

目標100カ国100,000kmの自転車世界一周、これまでの52カ国65,000kmで撮影した美麗な光景の写真集 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 取材, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.