メモ

なぜ廃墟になったのか、ギリシャのあまりにも美しい海を望む酒場


2010年1月に欧州委員会が統計上の不備を指摘したことから、ギリシャの財政状況の悪化が表面化し、「ギリシャ危機」が叫ばれています。政府債務のデフォルトが避けられないのではないかとも言われるギリシャですが、国内の失業率は2011年第1四半期で15.9%、15歳~29歳の若年層に至っては30.9%と、ほぼ3人に1人が失業しているという悲惨な状態です。

以下に掲載する写真は、そのような状況の中で、エーゲ海を一望する超好立地にありながら廃墟となってしまった、あまりにも美しい酒場です。


Guli.lt - Magic "MAGIC SUNSET" pool bar, Santorini, Thira, Greece | Guli.lt - abandoned places by Simonas Šileika

エーゲ海上のキクラデス諸島に属するサントリーニ島。ギリシャの島の中でも人気のあるリゾート地です。


サントリーニ島は、断崖の法面を水平にくりぬいて作られた伝統的な家屋様式で知られ、壁面を真っ白に塗った鮮やかな建物が美しい景観を成しています。


その中でも崖の一角からエーゲ海を望む素晴らしい位置に、廃墟となったプール付きバー「MAGIC SUNSET」が建っています。


「MAGIC SUNSET」の入り口。


扉は閉じられ、鎖で施錠されています。


プールへと降りる階段から見渡す景色は、まさに絶景。


数年前までは、まだこのバーでエーゲ海に沈む夕日を眺めながらお酒を飲むことができたそうです。


バーからはサントリーニ島の美しい街並みも見渡すことができます。ギリシャにおける観光産業の収入は、1995年に1億1160万ドル、2000年に1億7725万ドル、アテネ五輪が開かれた2004年には2億9637万ドルと、かつては右肩上がりの成長が続いていました。


通路に放置されているハトの死骸。美しい建物ですが、廃墟となって手入れをする人もいないようです。


資材や調度品が放置された通路。


高級そうな棚も、ほこりにまみれたまま放置されています。


動力室でしょうか。機材もそのまま放置されています。


営業当時は店先や店内に飾られていたであろう看板がきれいに残っています。


がらんとした空間にイスが放置されたフロア。


アテネ五輪以降も観光客は増加に向かうと考えた政府により、2004年には観光省が再設置されました。ギリシャ各地に事務所を構えて案内業務などを行い、当時の就業先の16.5%が何らかの形で観光業に携わっているという状況が生まれました。


割れて開きっぱなしになった窓。


カウンターにはレジが放置されたまま。


観光省の設置以降も観光客数は順調に増加しますが、2007年の世界金融危機の影響で観光産業は大打撃を受けることになります。


窓際に置かれた長イス。


在ギリシャ日本大使館の報告によれば、2009年には観光業全体の収益が前年比9.1%減。2010年にはさらにアテネでの抗議デモやトラック運転手のストライキ活動などの影響を受け、前年比8.2%減と、苦しい状況が続いています。


窓ガラスはぼろぼろ。


エレベーターの周囲の壁面にはヒビが。


テラスへ続く扉。


テラスに出ると、素晴らしい眺望が開けています。


テラスから見下ろすプールは干上がっています。


「MAGIC SUNSET」の前を通り過ぎてゆくロバたち。


海運業、移民による送金と合わせて、三大収入源のひとつと言われるギリシャの観光業は厳しい状況にあり、ホテルやプールなどの観光施設は、こうした中で死活の岐路に立たされています。


なお、この記事で掲載した写真はリトアニアの写真家Simonas Sileika氏の撮影によるもの。Sileika氏はギリシャのほか様々な廃墟を訪れては、その姿をフィルムに収めています。Sileika氏の作品は下のサイトから見ることができます。

Guli.lt


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
閉鎖して廃墟になったロシアの図書室 - GIGAZINE

廃墟好き必見、アパラチアの炭鉱跡を撮影した美麗な映像 - GIGAZINE

ハリケーン・カトリーナによって廃墟と化した遊園地の写真 - GIGAZINE

大阪のド真ん中で女神が見守るジェットコースター付き廃墟「フェスティバルゲート」~前編・周辺探索~ - GIGAZINE

大阪のド真ん中で女神が見守るジェットコースター付き廃墟「フェスティバルゲート」~後編・廃墟探検~ - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.