ネットサービス

夜麻みゆきの「幻想大陸」が無料配信決定、十六夜とカイ、ジェンド再び


1994年~1996年にかけてエニックス(現スクウェア・エニックス)の「月刊少年ギャグ王」で連載され、後に「月刊少年ガンガン」「月刊Gファンタジー」で連載される「刻の大地」へとつながった、夜麻みゆき原作の「幻想大陸」が無料配信されることが明らかになりました。

心優しい純粋な少年・十六夜と聖騎士の青年カイ、そして記憶を無くしたダークエルフ・ジェンドの3人が織り成す、ホンワカしたストーリーをもう一度読むことができます。

Jコミで「幻想大陸」が掲載されます: miyuki's blog


夜麻みゆきさんの公式ブログによると、絶版漫画を無料配信する「Jコミ」において、明日7月15日(金)から「幻想大陸」が無料配信されるそうです。配信開始は20時頃を予定。

配信決定にあたって、夜麻みゆきさんは以下のコメントを掲載しています。

過去の作品ですので、はずかしいですが、自分が学生の頃からえがいていた思い入れのあるキャラクター達。
このような機会で、ネットで公開されるなんてうれしいです。
よろしければ、無料ですので読んでいただいて、Twitterで「# gensoutairiku」で、ご感想をいただければ幸いです。

よろしくお願いします。


「Jコミ」の公式ページは以下。

Jコミ


・次の記事
夜麻みゆきの「レヴァリアース」が無料配信開始、「幻想大陸」に続いて - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
夜麻みゆき、4年の沈黙を破って月刊Gファンタジーで執筆再開 - GIGAZINE

「違法絶版マンガファイル浄化計画」が4月12日から始動 - GIGAZINE

ついに本日から赤松健の「ラブひな」コミックス全巻の無料公開が開始 - GIGAZINE

久米田康治の「かってに改蔵」アニメ化決定に赤松健が「なん……だと…?!」と反応 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.