ムービー

ニューヨークの路上で金銀財宝を掘り当てる男性、これ一本で生計を立てる


生計を立てるため、ニューヨーク市内・ダイヤモンド地区の歩道で採掘作業をしている男性が存在します。彼は歩道にはいつくばって泥を集め、そこから金銀財宝とも言える貴金属を採集し、それだけで生計を立てているとのこと。

Diamond District sidewalks are paved with gold for Queens man - NYPOST.com

街中に大量の貴金属が落ちているなどというイメージはないですが、採掘を行うRaffi Stepanianさん(43)はダイヤモンドやルビーのかけら、金やプラチナの粒子を発見することができたと語ります。


「47番街の歩道は金で舗装されていると言っても過言ではありません」とStepanianさんは興奮した様子で語ります。彼は暴風雨の中でも歩道に四つんばいになり、ピンセットとバターナイフを手にして採掘に励むほど熱心で、決して片手間の趣味ではなく、仕事として行っているのだということがよく分かります。


彼によると、街ゆく人々が身につけている衣服や宝飾品などから知らず知らず落としている「お宝」は、歩道の溝の中などにある泥に紛れ込んでいるとか。その内容は時計のチェーンなどのような大きなものから宝石のごく小さなかけらまでさまざまですが、Stepanianさんによると「通りにはいつくばって泥を採集した方が、鉱山に行くよりもずっと多くの金が取れるんですよ。それに落ちている宝石はすでにカッティングされているわけですし、鉱山で取れる原石よりも効率がいい」とコメントするなど、かなり効率はいいようです。


テレビレポーターの前で、泥から貴金属の粒子が本当に取れるかどうか、金属製のたらいとこし器を使って実演したStepanianさん。その後6日ほど経過してから、彼は47番通りでおよそ819ドル(約6万5700円)の稼ぎになるだけの金を採集したことを誇らしげに伝えました。


StepanianさんがNYの歩道を鉱脈だと認識するようになったのは、ダイヤモンドの取引所の床に金のかけらが落ちていたことがきっかけ。「取引所の床に落ちているくらいなら、外にはもっと落ちているはずだ」というひらめきから採集を開始。試行錯誤を繰り返し、現在の地面にはいつくばるようにして行う採集スタイルを確立したようです。

「この作業はいわば、街中で缶を拾い集めてリサイクルに出すようなもの」と言ってはばからない彼のことを街の人たちは温かい目で見守っているようで、ダイヤモンドのディーラーを営むルーベンと名のる男性は「遅かれ早かれ、彼はダイヤモンドを見つけるに違いないね」と冗談めかして語っています。もはや彼の採掘は街の日常として定着しつつあるようです。


Stepanianさんの仕事風景やインタビューへの回答については、下記リンクからムービーで見ることができます。

YouTube - Urban Gold Miner - New York Post


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
削りカスを捨てるのがもったいない24金の鉛筆 - GIGAZINE

ゴミを捨てるのをためらってしまう「金」で作られたゴミ箱 - GIGAZINE

バラバラになった約130万円分の紙幣を拾った男性、大金を手に入れるため復元を試みる - GIGAZINE

竹の棒で捕獲された約23センチの魚が金の時計をはき出す - GIGAZINE

100万ドル分の金やダイヤを使ったアイスクリームアート - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.