ゲーム

ハドソンを退社した高橋名人がゲッチャ・コミュニケーションズへ入社


「高橋名人の16連射」で広く知られている高橋名人こと高橋利幸さんが5月31日でハドソンを退社、6月1日からはゲッチャ・コミュニケーションズに入社したことが明らかになりました。

バーイ ハドソン!!」とハドソンを去った名人ですが、今後はメーカーの垣根を越えて活動していくとのことです。

詳細は以下から。
高橋名人 | TAKAHASHI MEIJIN OFFICIAL SITE
http://16shot.jp/

高橋名人(高橋利幸)の入社についてのお知らせ ー ゲッチャ・コミュニケーションズ株式会社

高橋利幸さんはハドソンに1982年から28年9ヶ月在籍。ファミコン時代にはよく顔出しでテレビなどにも登場し、ゲーム業界の有名人として広く親しまれていました。表にあまり出なくなった頃には、「16連射はバネを仕込んで実現していたもので、それがバレたから出てこなくなった」などという都市伝説も生まれましたが、それだけ高橋名人の16連射が印象深かったということでもあります。

近年は、再び「高橋名人」として表舞台で活動するようになり、2010年5月からはインターネットでのゲーム情報バラエティ番組「ゲッチャ」で、バーチャルコンソールタイトルのPRをする「高橋名人時代」という番組を担当。この縁もあってか、6月1日からはゲッチャの一員となりました。

高橋名人のコメントは以下の通り。

本日より、ゲッチャ・コミュニケーションズ株式会社で新たなスタートをさせていただきます。
TVゲームは、「遊びの文化」になる事が出来ましたが、現在は、残念ながら元気がありません。
私自身が今までお世話になった業界ですので、今後は、メーカーの垣根を越えて、様々な形で活動していこうと思っています。
これからも、応援をよろしくお願いします。

・関連記事
「ドラゴンクエスト」が本日で25周年、記念サイトでは36万5400円の「宝箱」の販売も - GIGAZINE

一緒にファミコンで遊んでくれる「ファミリーコンピューターロボット」が発売後25年の時を越えて起動されるムービー - GIGAZINE

最も美しい闘う女性ゲームキャラクタートップ25 - GIGAZINE

ゲームの歴史にその名を刻んだ偉大なる10人のイケメンキャラたち - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by logc_nt