試食

意外な組み合わせが日本人好みの味に、「ピリ辛“フルーツ味噌”チキンバーガー」試食レビュー


モスバーガーが日本テレビの総合情報番組「スッキリ!!」と一緒に開発した商品の第3弾「ピリ辛“フルーツ味噌”チキンバーガー」が数量限定で新発売されたので、早速お店へと出向いて食べてきました。

「日本の食材を使った、今までにない、日本人の心に残るハンバーガー」をコンセプトにして開発したとのことですが、味噌をベースに山ぶどう果汁やブルーベリー果実、干しぶどう、漬物、そして十味唐辛子などを加えて作っているそうで、本当にハンバーガーと相性が良い味なのかどうか非常に気になるところです。

見た目や味などは以下から。MOS BURGER|ピリ辛“フルーツ味噌”チキンバーガー

少々曇り空の中、モスバーガーに到着。


表には「ピリ辛“フルーツ味噌”チキンバーガー」の垂れ幕がありました。


さらに、入り口でも店員さんが書いたと思われる宣伝文を発見。大々的に売り出しているようです。


今回は「ピリ辛“フルーツ味噌”チキンバーガー」のサラダセットにポテトを付けて注文しました。


これが「ピリ辛“フルーツ味噌”チキンバーガー」。単品で390円(税込)です。随分とレタスの量が多い様子。


熱々なバーガーを包み紙から慎重に取り出してみるとボリュームがよくわかります。とにかく細切りのレタスまみれ。


バンズの裏にはピリ辛マヨネーズソースが塗られていました。


完全にバンズからはみ出している細切りレタスたち。


そしてレタスの下には厚切りのトマト。


最後にはフルーツ味噌がたっぷりと塗られた直火焼きチキンが顔を出しました。


裏返してみるとこんな感じ。


大口を開けて食べてみました。そもそも味噌味のバーガーというもの自体あまりなじみがありませんが、かなり辛めの味噌が食べやすくジューシーな炭火焼きチキンとよく合います。フルーツは隠し味という感じでうまく味に深みを生み出しており、違和感は皆無です。「酢豚のパイン」のように人を選ぶ味ではありません。

また、多めのレタスと厚切りトマトが非常にフレッシュで、味噌の濃さや辛みを上手に中和してくれます。ボリュームも十分な上にかなり日本人好みの味なので、意外と万人受けするのではないでしょうか。

・関連記事
モスのとびきりハンバーグサンド「B.L.T.」&「L.T.」試食レビュー、ついでに「B.L.」も頼んでみました - GIGAZINE

モスバーガーの「旨辛テリヤキバーガー」試食レビュー、テリヤキバーガーの元祖が繰り出す新形態 - GIGAZINE

ラー油ジャンキー大満足のモスバーガー「テリー伊藤のざくざくラー油バーガー」試食レビュー - GIGAZINE

モスバーガーに単品の揚げ物登場、「モスのエビフライ」試食レビュー - GIGAZINE

モスバーガーの新機軸「海老プリットバーガー」はチャレンジ精神にあふれていました - GIGAZINE

期間・数量限定で先行販売中のモスバーガー「塩バターチキンバーガー ペッパー風味」を食べてみました - GIGAZINE

テリヤキバーガーの元祖・モスバーガーが監修した「日清焼そばU.F.O. テリヤキソース&マヨネーズBIG」が発売へ - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log