アート

約4000個ものプルタブがシックなドレスに、リサイクル精神あふれるドレス作家

by sun dazed

「空き缶のプルタブを大量に収集している」と聞くと、車いすと交換する目的のボランティア活動「プルタブチャリティー」が思い出されますが、大量のプルタブで作られたドレスが公開されています。

材料はプルタブ約4000個とリボンのみなのですが、これでパーティーなどに出席してもおそらく不審がられることはないと思える上等な仕上がりになっています。ドレスの製作者はこれ以外にも廃材を使ったドレスを作っていて、普通とはちょっと異なる素材を使っての製作を好んで行っているようです。

プルタブ製のドレスは以下から。Pop Tab Prom Dress (Quite a Lot of Pics!) - CLOTHING

Unusual Prom Dress: Prom Dress made with Pull Tabs - ky3.com

このドレスを製作したのはJunior Maura Pozekさん。製作時間はおよそ100時間かかったようで、かなりの力作であることがうかがえます。また、使用したプルタブの数はおよそ4000個、使用したリボンの長さは400ヤード(約365メートル)にも及ぶとのこと。


リボンをプルタブの穴に通して、格子状に編んで作っています。


そしてできあがったのがこのドレス。製作過程を知らなければ、スパンコールか何かがあしらわれた普通のドレスと思ってしまうかもしれません。


ワンショルダーで肌の露出も多いのですが、全体的にシックな色合いで、大人の色気を醸し出しつつも落ち着いた雰囲気。


接近して見てみると、確かにプルタブが使われているのが分かります。


恋人とおぼしき、フォーマルなスーツでキメた男性と並んでもまったく違和感のない仕上がりです。


ちなみに、この作者はこれ以前にもドリトスの空き袋を使ったドレスを発表するなど、リサイクル精神あふれる素材での製作を好んで行っているようです。

Dorito Bag Prom Dress (Plus Picture With The Man Who Said I Couldn't Do It!) - CLOTHINGs


・関連記事
大量の輪ゴムで作られたアーティスティックなドレス - GIGAZINE

美女たちがミルクっぽい官能的なドレスを身にまとった写真集「Milk」 - GIGAZINE

華麗なる「水のドレス」を身にまとったスーパーモデル - GIGAZINE

花嫁の動きを封じ込める甘いウエディングドレス - GIGAZINE

ヒゲの花嫁ロシアを行く、純白のウエディングドレスに身を包んだ男性の美麗写真 - GIGAZINE

in アート, Posted by darkhorse_log