試食

「絶品」の名に恥じない安定感、リニューアルされた「絶品チーズバーガー」と新登場の「絶品ハンバーガー」試食レビュー


ロッテリアの人気商品「絶品チーズバーガー」が本日よりリニューアルされ、よりお手頃な価格の「絶品ハンバーガー」も新メニューとして仲間入りとのことで、さっそくお店へ急いでじっくりと食べてきました。

「絶品チーズバーガー」といえばバンズ、パティ、チーズのみという非常にシンプルな構成ながらも素材にこだわったバーガーですが、今回のリニューアルではチーズが20%増量され、さらにゴーダとチェダーの2種類を使うことでよりコクのあるチーズ感を楽しめるバーガーとなっているとのこと。また、「絶品ハンバーガー」は炒め玉ねぎに香味野菜を加えた特製のシャリアピンソースが特徴だそうで、果たして今回も「絶品」の名に恥じないクオリティに仕上がっているのでしょうか。

ロッテリアの新メニューは以下から。キャンペーン・トピックス詳細|『絶品チーズバーガー』リニューアル、『絶品ハンバーガー』新登場!

日も落ちてきたころにロッテリアへ到着。


「絶品を“越えた”絶品!」という何とも頼もしい垂れ幕に期待感が高まります。


「絶品チーズバーガー」と「絶品ハンバーガー」をそれぞれ単品で注文。


これがリニューアルされた「絶品チーズバーガー」単品360円。黄色い包み紙がチーズを連想させます。


開いてみるとこんな感じ。


取り出してみました。やや小ぶりなチーズバーガーといった印象です。


バンズを取ろうとしたところ、チーズによってパティに強く密着していたので一苦労でした。かなり粘りのあるチーズのようです。


チェダーチーズはバンズにまんべんなくはり付いています。


ゴーダチーズがたっぷりと絡まったパティ。


ちなみに、パティの下はバンズのみ。実にシンプルなバーガーです。


食欲に任せてガブリとかぶりついてみると、まずバンズの食感に驚きました。まるでパン屋さんのパンみたいに香ばしく、ちょっとだけ表面が硬いバンズはパンとしても上等です。味に深みのある濃厚なチーズとやや歯ごたえを持ったパティの相性はとても良好で、バンズ、チーズ、それにパティというたった3種類のシンプルな具材ではありますが、「ハンバーガーって、これだけで良いんだ……!」という発見がありました。チーズとハンバーガーを愛する人であれば、幸福な時間を堪能できる逸品ではないでしょうか。


続いて新メニューの「絶品ハンバーガー」単品290円。「絶品チーズバーガー」とは70円の違いがあります。


包み紙を開いてみると、やはり小ぶりなハンバーガーという感じ。


取り出すとよくわかりますが、ハンバーガーとしては小さめな部類に入ります。


バンズをパカッと開けてみると、炒め玉ねぎとシャリアピンソースがかかったパティのみ。やはりどこまでもシンプルです。


「絶品チーズバーガー」と同様にバンズのクオリティが光る中、黒コショウのスパイシーな刺激が口内を刺激します。甘じょっぱい洋風のソースと黒コショウの辛みが混じり合うパティはどこかステーキを食べているような感覚もあり、チーズが無いので物足りなく感じるのではと思いきや、そんなことはありませんでした。

・関連記事
プリッとしたエビに濃厚なチーズ、ロッテリア「チーズタルタルエビバーガー」試食レビュー - GIGAZINE

ロッテリアのチーズバーガー×10段重ね「タワーチーズバーガー」にチャレンジしてみました - GIGAZINE

まさに絶品、ロッテリアの大人気限定商品「絶品チーズバーガー」試食レビュー - GIGAZINE

ロッテリア「絶品ベーコンチーズバーガー」と「SWEETERIA LOTTERIA」試食レビュー - GIGAZINE

エビフリッターをサンドしたロッテリア「エビマヨバーガー」試食レビュー - GIGAZINE

「おいしくなかったら全額返金する」ほどの自信作、ロッテリア「絶妙ハンバーガー」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log