メモ

実際に撮影も可能、レゴで作られた4×5インチ判の大判カメラ


本体から弾丸まで全てがレゴ製のスナイパーライフルや、20万個のレゴで作られた巨大なファラオ、はたまたお寿司フェラーリF1マシンなど、レゴで作られた驚くほど精巧な作品はたくさん存在していますが、「実際に撮影が可能なレゴで作られた4×5インチ判の大判カメラ」という、また新たにレゴの歴史へ名を刻みそうな作品が登場しました。

実際に撮った写真などは以下から。Legotron, Mark I ? 4×5 Camera made of LEGO bricks | cary norton photographs

これが「レゴで作られた4×5インチ判の大判カメラ」。レゴ特有のポップなカラーリングとレンズが違和感なく同居しています。


正面。使われている127mm、F4.7のレンズは、製作者で写真家のCary Nortonさんが世界最大級のオークションサイトeBayで40ドル(およそ3271円)を支払って手に入れたそうです。


側面には「POLICE」「SHOP」という文字があり、材料になったレゴを想像してしまいます。


背面からはフィルムホルダーとすりガラスが確認できます。


すりガラス越しに見えるイス。


◆制作過程

製作者のCary Nortonさんは2009年の8月にこのアイデアを思いつき、レゴを組み立てることができるPCのアプリを使って構想を練ったり、しばらくの間投げ出したりしながらじっくりと作っていったとのこと。

これは2009年8月27日に撮られた最初の写真。


その次の日には基本的な構想を思いついたそうです。


レンズボードはこんな感じ。


当初から「POLICE」という文字は入っていたようです。


9月に入っても試行錯誤をしながらいじくっていたとのこと。


1年と半年ほど放置していた後、ようやくアイデアが結実することになります。


レンズボードを変更し、うまく収まるように本体を削ったりしながらようやく完成しました。


すりガラス越しに見える友人の姿。


◆実際に撮影した写真

作者自身が写真家ということもあり、出来上がった写真もかなりのクオリティ。


ちなみに、このカメラの名前は「Legotron」というそうです。すでに次のバージョンの構想も練っているとのことで、完成が待たれます。

・関連記事
レゴブロックで作られた驚くほど精巧な作品30種類 - GIGAZINE

約2万3000ピースのレゴを使用、気の遠くなるような手作業で組み立てられたテーブル - GIGAZINE

名作アクション「ロックマン」をレゴや文房具など身の回りのものを使ったコマ撮りアニメで再現 - GIGAZINE

新色発売に合わせてレゴで作られた巨大ニンテンドーDSiがニューヨークで展示される - GIGAZINE

レゴで広大なヨーロッパの地図を作るプロジェクト「Euromap」 - GIGAZINE

レゴのブロックを撃ち出せるレゴ製クロスボウ - GIGAZINE

巨大なレゴ製の男性人形、今度はイギリスの海岸に流れ着く - GIGAZINE

大きさも制作時間も圧倒的な超巨大レゴ作品の数々 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log