メモ

HONDAが「ASIMOに原発事故処理をしてもらえませんか」という質問に正式回答

by Honda News

東日本大震災によって福島第一原発の冷却機能が失われるという事態に陥り、現在復旧作業が実施されていますが、放射能漏れが発生しているため、健康被害などが問題となっています。

そこで注目を集めているのが、人間が行けそうにないところでも遠隔で作業をしてくれるロボットですが、人に役立つ未来へ向けた新技術として、人型ロボット「ASIMO」を研究・開発しているHONDAが「ASIMOに原発事故処理をしてもらえませんか」という質問に正式に回答しました。

詳細は以下から。
Honda | お客様相談センター | ASIMOに原発事故処理をしてもらえませんか。(地震に伴うQ&A)


HONDA公式サイトの「お客様相談センター」ページによると、地震に伴うQ&Aの一環として「ASIMOに原発事故処理をしてもらえませんか」という質問に以下のように回答しています。

HondaのASIMOは、将来人の役に立つべく開発をして参りましたが、残念ながら現状では、ご要望をいただいた様なことができる技術には至っておりません。何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。


踊りを披露するASIMO。確かに高度な動きができるロボットではあるだけに、期待が集まるのも致し方ないことかもしれません。

by gstv.amorim

ちなみに原子力発電所の事故といった事態に対処するためのロボットは各所で開発されており、すでにアメリカのロボットが投入されているほか、日本でも先日千葉工業大学などが開発したことを発表しているため、より精度の高い作業を行うためにも、専用に開発されたロボットに任せた方が良さそうです。

・関連記事
一輪車に乗れなくても大丈夫、世界初の体重移動するだけで真横や斜めにも移動できるHonda「U3-X」はこんな感じでした - GIGAZINE

日本人女性を模したリアルなロボット「HRP-4C 未夢(ミーム)」とVOCALOIDが合体、まるで実際に歌っているかのような実演デモ - GIGAZINE

まさに離れ業、村田製作所のロボット「ムラタセイコちゃん」が幅2cmの橋を一輪車で渡りきるムービー - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log