モバイル

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルなどが「災害用伝言板」を運用開始


先ほど三陸沖で発生した震度6強~7、M8.8と推測される地震を受けてNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルなどが「災害用伝言板」の運用を開始しました。

回線が輻輳して電話やメールが繋がらない可能性があるため、災害用伝言板の利用が推奨されます。


※イー・モバイル、ウィルコムも災害用伝言板を運用開始したことを追記しました。

詳細は以下から。
NTTドコモ ホーム


KDDI株式会社――HTML(シンプル)版トップページ


災害用伝言板サービス | SoftBank


NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル各社の公式ページでは、先ほど発生した地震を受けて「災害用伝言板」の運用が開始されました。

同伝言板はiモードやEZweb、Yahoo!ケータイだけでなく、インターネットを通じて他社携帯電話やパソコンなどから確認することも可能。あらかじめ設定した知人や家族のEメールアドレスに対して、災害用伝言板にメッセージが登録されたことを自動送信する機能なども提供されています。

・15:30追記
イー・モバイルでも災害用伝言板サービスを提供開始しました。

イー・モバイル公式サイト


・15:48追記
ウィルコムも災害用伝言板サービスを開設中であることを告知。

WILLCOM|ウィルコムホームページ

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
自分の家が大地震にあった場合の被害などをチェックできる「あなたの街の地震危険度MAP」 - GIGAZINE

三陸沖で震度6強~7の地震、規模はM7.9と推定され都内でもかなり強い揺れを観測 - GIGAZINE

あの「阪神・淡路大震災」で本当は一体何が起きていたのか、その真実がよくわかるムービー集 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in モバイル, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.