誓いのキス以外は滞りなく進行、Skypeを使って挙式したカップル


昨年、中日ドラゴンズの落合監督の一人息子・福嗣さんがSkypeで出会った女性と電撃結婚したという話題がありましたが、アメリカ・カリフォルニア州ではSkypeを使って結婚式を挙げたカップルが話題になっています。

もちろんSkypeを使ったのにはやむにやまれぬ事情があったのですが、物理的に不可能な「誓いのキス」以外は何の問題もなく、挙式は滞りなく行われたということです。

Skypeを使った結婚式の詳細は以下から。O.C. couple get married over Skype - News - The Orange County Register

Couple overcomes groom's illness with Skype wedding | Reuters

カリフォルニア州・オレンジ群に住む新郎のサミュエル・キムさん(27)と新婦のヘレン・オーさん(27)は、Skypeの力を借りて結婚式を挙げました。新郎は肺の感染症にかかっていて入院を余儀なくされ、バージンロードを歩くことができない状態でしたが、新婦は巨大なスクリーンに写された新郎の顔を見つめ、共に誓いの瞬間を迎えました。

「ヘレン、私の妻よ、今日という日にバージンロードを共に歩み、祭壇の前に立つことができないのを本当に申し訳なく思っています。しかし、今日という日も過ぎゆく日々の中の1日に過ぎません。ずっとずっと長い間、一緒に生きていきましょう。私は今日一緒に式に出られなかったけれど、その代わり今後ずっと完ぺきな夫であると約束します」と、新郎のキム氏はSkypeを経由して誓いの言葉を述べました。

ちなみに、2人は前もって結婚の記念写真を撮影していたため、キムさんはヘレンさんのウエディングドレス姿を画面越しでなく、直接見ることができました。誓いのキスに関しては、教会の牧師で司会進行を務めていたヘレンさんの父がその行程をカットしました。誓いのキスの瞬間は式が一番盛り上がる部分ではありますが、それを補うかのように、挙式のあった部屋の至る所には事前に撮影しておいた2人の仲むつまじい写真がはってあったということです。

キムさんとヘレンさんが撮ったラブラブな写真のうちの1枚。


「僕はすっかり結婚式を延期するつもりだったのですが、ヘレンが『Skypeを使ったらいいわ!』と言ったんです」。キムさんはオレンジ群のUCI医療センターの病室でこうインタビューに答えました。キムさんは式を目前に控えたヘレンさんを心配させたくなかったので自らの病状を伝えるのは気が進まなかったのですが、治療には数週間に渡る入院が必要となるため秘密にしておくことは難しく、結局彼女に事の次第を打ち明けました。

当初、キムさんはヘレンさんに最高の結婚式を用意してあげられなかったせいで、彼女を落胆させてしまったと思っていましたが、彼女はへこたれるどころか機転を利かせ、日取りを変更することなく盛大な式を挙げることに成功しました。ヘレンさんがSkypeを使った結婚式を思いついたのは、彼女の父が、「式の間キムに電話をかけて、式場にある電話をスピーカーホンに設定しておけばいいんじゃないか」とアドバイスしたからです。そのアドバイスからヘレンさんはSkypeでビデオチャットを利用することを思いついたのですが、アイデアを生むきっかけとなった父親はそんなことができるとは知らなかったとのことで、父と子の力を合わせたからこそ実現したものと言えそうです。

会場となった教会には2000人もの人を収容できる大きな部屋があり、特別な時に使える大きなスクリーンが用意されていたため、Skype経由の結婚式も滞りなく進めることができたそうです。そして式には新郎新婦の人脈をそのまま示すような、国際色豊かな約500人もの参列者が訪れました。

「Skypeを使った式は滞りなく終わりました」とキムさんは語ります。その後、彼は友人たちからSkype経由で送られた大量のお祝いのテキストを浴びるように受け止めることとなりました。キムさんは入院していたため披露宴には出席できませんでしたが、式当日の晩、ヘレンさんは彼の病室を訪ね、ラ・ハブラのアパートへ引っ越して一緒に暮らす計画を立てたそうです。

このカップルは約2年前、ヘレンさんと同じ保険代理店で働いていたキムさんの継母の紹介で出会いました。2人に結婚してほしかった継母はデートのおぜん立てまでしたのですが、キムさんは継母が計画した、相手が誰とも分からないデートに行くのを拒みました。しかし継母が「親を尊敬しなくてはならない」という聖書の一部を引用してまで説得してきたため、結局彼は根負けしてデートに行くこととなりました。そして抵抗とは裏腹に、彼はヘレンさんを一目見た瞬間恋に落ちてしまったということです。

ちなみに、ハネムーンについては「パリとプラハに行きたい」というヘレンさんのたっての希望で、式の当日夜にヨーロッパ旅行へ出発する予定となっていましたが、これはキャンセルしたそうです。もちろんキムさんの病気を気遣ってのことですが、「予定通り出発していたら、パリやプラハの気温はとても低かったはずなので、かえってよかったかもしれない」とキムさんは語ります。2人は春のパリを満喫するため、数カ月後の旅行計画を練っているそうです。

・関連記事
禁煙できれば結婚の費用はタダ、サウジアラビアの結婚促進キャンペーン - GIGAZINE

牛と性行為を行った少年、罰としてその雌牛と結婚させられる - GIGAZINE

緑色の怪物「シュレック」になって結婚式を行ったカップル - GIGAZINE

オンラインの不倫相手が実はリアルの結婚相手だった - GIGAZINE

まるで現代版かぐや姫、「僕と結婚したいならFacebookで100万人集めて」とフィアンセを試した男性 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log